きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

Perfume FES!! 2017 (VSチャットモンチー) の感想を書く

f:id:ocha00:20170608012704j:image

 

疲れが取れてくると今度は現実に戻ってしまった絶望に心がやつれていきます今日この頃。あの辛くても楽しかった時間へ戻りたい。戻りてぇよ……う、ううっ…。

 

さて、今回のエントリーではVSチャットモンチーについて書きたいと思います。

 

詳細はナタリーで→渡辺直美も参戦!Perfume、仲良しチャットモンチー対バン「はみがきのうた」初披露 - 音楽ナタリー

 

ぱふゅふぇすくじ

色々書く前にここだけの話なのですが、わたしが会場に向かうのにイオンを通って行こうとしたら菓子屋さんで会計を済ませているとーやま校長らしき姿が目に飛び込んで来たのと当時にわたしは思わず「うぇ!?校長…!?!?あ、ラジオ聴いてます…」と声をかけてしまい超衝撃的な出会いをしました。初めましてだし、素人だし、なんて馴れ馴れしいことをしてしまったのだと今は思うのですが、こんなわたしにとても快く接して下さり、ラジオ通りの優しくて気さくで楽しいとても素敵な方でした。

 

ちょっとだけお話させて頂きましたけど100%Perfumeの話しかせず(笑) ほんとにPerfumeが好きなんだというのが伝わってきましたし、わたしがこうなった経緯も聞いてくださってさすが芸人でありラジオパーソナリティ…聞き上手のプロだ…としみじみ思いました。3人が校長のことをとっさに校長と呼んでしまう気持ちもわかりましたし、校長のことが大好きだと思う気持ちもほんのり理解することができました。こりゃあ校長のこと、みんな好きになってしまいますよ。

 

わたし自身、リアルでPerfumeのことを話す機会がなかったので、初めて人とPerfumeについて会話することができて凄く凄く嬉しかったです。なんて幸せなんだろうって。この時間がもっと続けばいいなぁって。こんなに素敵な人がPerfumeのファンなんて、Perfumeって凄く良いユニットだなぁって思いました。声優ファンってアレな人が多いので…(苦笑) おこがましいけれど、とーやま校長ともっとお話したかった。そう思ってしまうくらい素晴らしいお人でした。

 

ということがありながらぱふゅふぇすくじに並びました。初の試みということでしたが、意外と楽しいですね。サンキュー賞だとしても3人のムービーが見られるなんてわたしにとってはこっちの方が大当たりな気分でした。ステッカーも嬉しいんですけれどね、しゃべって動いてる3人が好きなので。またやって欲しいと思います。もちろんバックステージツアーは当たりませんでしたけれど、校長に会えたことがわたしにとってはある意味P.T.A.賞だったので、十分幸せ感じました(笑)

 

チャットモンチー

この日はEブロック5000番台。プレイガイドで買ったチケットはどんな振り分けなのかと思って今回試しにぴあで購入してみましたが見事踊り場でした。ですが、モニターが物凄く見やすい位置にありましたので正直な話、前夜祭のCブロックよりはるかに心が満たされました。

 

まずはチャットのターン。「恋の煙」から。予習と思ってベストから聴き始めたらうっかりハマってしまって共鳴ヘビロテ中だったわたしに「恋の煙」はテンションが上がってしまうほかありませんでした。しかもがっちりバンドサウンドでやってくるかと思ったら、Perfumeリスペクトなのかシンセを使った演奏で目玉が落ちました。チャットってこんなに自由で幅広いのかと。しかも2人だけでこんなにパワフルなのかと、驚きました。

 

それから一つ、ライブが始まる前にわたしはチャットに対してこんな期待をしていました。

っかー!予想的中しちまったなー!かー!

 

ということで吉岡里帆ちゃんにはなれませんでしたが、期待が見事叶ってしまいました。しかもチャットが「TOKYO GIRL」をカヴァーして。嬉しくて興奮しすぎて涙出ました。いたちごっこを初めて聴いたとき、これはチャットのTOKYO GIRLだと思ったんです。「東京ハチミツオーケストラ」も近いものがありますが、TOKYO GIRLといたちごっこには今もう既に東京で生きてさまよっている感じが似ているなぁと思って勝手に結びつけてしまうくらい。それくらいいたちごっこが好きだったので、

04. いたちごっこ
05. TOKYO GIRL(Perfumeカバー)
06. majority blues

この3曲の流れはわたしの為かと思いました。しかもTGのアレンジが、3人も話していましたけれどほんとにチャットっぽい。本家では「トキョーガーォ」ですがえっちゃんは「トーキョーガール」と、半音下げたような感じで歌っていたのが正にチャット。音源化を切望するくらい最高のカヴァーでした。

 

そしてその次の「majority blues」では途中で歓声があがっていました。感動でボロボロ泣いていたのであんまり歌詞を聴きとれずにいたのですがナタリーのレポートによると歌詞の“徳島”を“広島”に変えて歌ってくれていたとのことで、合点がいきました。また泣けることしてくれるっっ。

 

それから「風吹けば恋」、「シャングリラ」でぶっ跳びまくってチャットのターンは幕を閉じました。

 

Secret Guest

さーて次はいよいよPerfumeさんだぞー!セットリスト変わるのかな!チャットとはコラボするのかな!ワクワク!ワクワク!と、独りぼっちで逸る心を抑えていると会場が暗転し、歓声が上がるフロア。しかしスクリーンが映し出したのは《Secret Guest》の文字。どよめくフロア。なんだなんだとステージを見ていると「Crazy In Love」が流れ出し現れたのは

 

渡 辺 直 美 !!

 

うわ!マジか!ドキュメンタリーも見たよ!東京ガールズコレクションも見てるよ!Perfumeのライブで渡辺直美が見られるのかよ好きだよマジかようわああああ!!!とテンションぶち上がり!これ、Perfumeさん出てくる並にみんな湧いてないか?と思うくらい会場全体がSecret Guestの参入を喜んでいるようでした。ただ、その後に笑い声に変わっていたのが印象的でしたけど(笑)

 

個人的に「Run the World」も好きだったのでそれもパフォーマンスしてくれて大満足。もうこのまま帰ってもいいかな(笑) と思うくらいPerfume前に出来上がってしまいました。ただ裏を返せば、追加燃料を投下してもPerfumeは対抗できるという自信の表れ…か!?

 

Perfume

Perfumeのターン、開幕は初日と同じ。しかしお衣装が違う!2日しかやらないのに2日分用意するとは、チームPerfumeは本当に凄い。しかも上に着ていたものはのっちもスカート姿に見えるものでとてもドキドキしました。のっち可愛い、超セクシー。それと音に関してですがEブロックは0.5秒~1秒程音が遅れて聴こえましたので曲によってはちょっと、お世辞にも気持ちが良い音とは言えない状態でした。これはもう今回のステージ構成上仕方ないですね。

 

4曲目を終えるとMC。

 

ゆかちゃん「まくはりぃーー!!!」

\イェーーーーーーイ!!!/

ゆかちゃん「……仕上がってますねぇ」

\えへへへへへ/

ゆかちゃん「ねぇ~え、さっきさぁ、渡辺直美ちゃんのステージをね、袖から見てたの……みんなPerfume来ると思ってたでしょ??(ニヤニヤ) ビックリしたぁ?」

 

 

 

 

かーーーーーーわーーーーーーーーいいーーーーーーーーー(昇天)

 

 

 

 

 

ゆかちゃん「カッコいいね、ビヨンセの声なのに直美ちゃんの身体から出てるみたいだったよね。良かったわぁ…お客さんと一緒に前で見たかったぁ」

\~~~~~!!/

ゆかちゃん「え?楽しかった??ねぇ~。途中、あれ?東京ガールズコレクションかな?って思ったよね。幕張で見れると思わないじゃん、しかもましてやコレがランウェイみたいだし(花道指して)」

 

ゆかちゃんのひとりMCで淡々ととっていく笑い、実はかなり好きッス…。

 

それから5曲目は「Baby cruising Love」。叫びました。やっぱりこれも死ぬ前に見たい曲No.1でしたので大変興奮いたしました。今やっても、全然似合うダンス。MIKIKO先生の振り付けは、Perfumeが歳を重ねても色褪せないんだなぁとしみじみ感じたBcLでした。

 

新・はみがきのうた 

P.T.A.」のコーナーではなんと、あの予告されていたはみがきのうたを披露することに!しかもチャットが制作!この驚きのトピックに会場全体が喜んでいましたが、一番嬉しそうだったのはPerfumeさんでした(笑)

 

まずはお手本を見て覚えるという感じで音を流していましたが、もう既に教育テレビかなにかで耳にしたことがありそうな馴染みあるメロディで初めて聴くはずなのにスラスラ歌えてしまっている自分がいました。チャット、凄い!曲があまりに可愛いので、歌い終えたあとわたしの周りでは微笑み声で溢れていました。

 

ライブの楽しみ方は自由なんですけど、こういう時周りの方々がノリよく一緒に遊ぶ方ばかりだともっとライブが楽しいなと感じます。初めて参加したライブでは「P.T.A.」のコーナーを“会員かそうでない人かをふるいにかけるもの”などと思っていましたけれど、実際は会員だろうが非会員だろうが、初参戦だろうが古参だろうが、そんなの全然関係なくて、“ライブしに来た人かそうでない人か”の違いだと気づいてきました。

 

それを「P.T.A.」のコーナーでPerfumeと一緒になって遊ぶことで教えてもらうなんて、実にPerfumeらしいなと思います。わたしは凄く贅沢な体験をさせてもらってるなぁという風にも思います。歯!!!

 

まくはりぱーかー、実る

8曲目は「FAKE IT」。初日と変えてきた!!!この人たちやっぱヤバい!!!と思いながらぶっ跳びました。

9曲目は「Miracle Worker」。ちょっとちょっと!2日目のセットリストにミラコゥを入れていたから初日のエンディングでまくはりぱーかーを蹴ったんじゃないのう!?と思いました(笑) もしくはまくはりぱーかーの彼の想いを汲んで急遽変えてくれたのか定かではありませんが、わたしもミラコゥを感じたかったので頭がすっ飛ぶほど嬉しかったです。

 

それから10曲目を終え、アンコールで再びPerfumeさんとチャット、渡辺直美がステージに現れました。

 

あ~ちゃん「直美ちゃん来てくれてありがとう~……うふふふふふふふ、ふふふふふふふふ(笑) 笑うたびにフリンジが揺れるのねw(直美ちゃんの衣装を見ながら)」

渡辺直美「そうですね(笑)」

あ~ちゃん「笑うたびに…(笑)(笑)」

カメラで直美ちゃんのフリンジ部がアップで抜かれる

客「全部揺れてるwwwwwwwwwwwww」

 

あ~ちゃん「さっき『P.T.A.』のコーナーでもやらしてもらいました『はみがきのうた』、チャットモンチーに作ってもらいました!」

\ふぅぅううう~~~~!!!!/

のっち「話聞いたときどう思いました?」

えっちゃん「え、どうしようって思って、Perfumeさんに歌ってもらうなら聴いたことない感じにしようと思って、2種類作っててより喜ばれる方を歌ってもらいました」

のっち「すごーい!」

あ~ちゃん「なんか、どんな感じがいい?とか話しててね」

あっこちゃん「そう、しかも電話もらった時な、『もしもし~?』って声が一緒なんよ(えっちゃんを指して)」

あ~ちゃん「はははは!!」

あっこちゃん「しかも急ぎだったと思うんやけど凄いゆっくりしとって『急ぎの要件なんだけど~(あ~ちゃんの声真似しながら)』って、いやほんまかいって(笑) で、曲作って下さいってお願いされて、わかったじゃあがんばるよ~って言ったらCMではみがきのうたって、もう先に出とるやん!って」

えっちゃん「うん、そっから、夢見るようになってん」

ゆかちゃん「トラウマになってる(笑)」

 

あっこちゃん「あとレコーディングのとき、3人が並んでマイクに向かって『あーってやって』って、やってるのが凄いパンチあって」

えっちゃん「すごかった」

あ~ちゃん「うちらって、中田さんとのレコーディングのとき座って歌うんよ」

えっちゃん・あっこちゃん「そうなの!?」

あ~ちゃん「うん、だから広いところに3人マイクに向かって、スタンド立てて譜面置いてもらって歌うってそんなになくて」

 

この時あ~ちゃんは嬉しそうに当時の様子を話してくれていたんですが、その表情は少し泣きそうな顔をしていて、眼にもうっすら涙が浮かんで見えたのです。あ~ちゃんのその顔を見て、何を言わんとしているのかわかる気がしました。

 

それから、直美ちゃんもチャットも含めてみんなではみがきのうたをやろうということになり振り付けも教えてもらいながら、えっちゃんが歌ってみたり何回かやって本番という感じでアンコールは終わりました。

 

え!?と一瞬思いましたが、オリジナルの曲を作ってもらったという最高のコラボをしてくれていたことと、ふわふわ~っとしたチャットの2人とぐだぐだ~っとしたPerfumeらしい幕の閉じ方だなと思いました(笑)

 

最後はPerfumeの3人だけが残り、秋口にカッコいい感じのニューシングルをリリースすることと、Perfume FES!! 2017の追加公演が決まったことの告知がされ、無事ライブが終了。

 

Perfumeが対バン相手を尊敬し、愛し、その相手を想いながら自らも本気でやりにくる。ワンマンとはまた違う3人の表情をもっと見たい、また見たいと思わせられるような、そんな初参戦対バンライブでした。また絶対行きたい。愛が爆発的なライブをありがとう!

 

次はAmuse Fesです。

 

広告を非表示にする