きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。

こんなにも言葉が見つからなかったことは初めてでした

 

どうも。

 

2020年2月25日と26日、東京ドームに行きました。

 

26日にわたしが感じたことは書いて残しておいたほうがいいんじゃないかとふと思い始めたので。PerfumeのことといえばPerfumeのことだし、PerfumeのことじゃないといえばPerfumeのことじゃない漠然としたエントリーです。

 

2月26日 12:42

 

25日の夜は秋葉原のファーストキャビンに泊まり翌朝、Perfume大好き仲間の方々がこの日のために関西圏からいらっしゃるということでアキバの雁川付近で待ち合わせ。前日に手に入れたPerfumeアンブレラを見せ合いきゃいのきゃいのしてました。

 

5人でのんびり中華料理を食い散らかして、これまでに参加したP Cubedツアーのあんなことやこんなことを語り合いつつ昨日の東京ドームでは始まる前の客席の熱量だとか、空席が目立つだろうと思われてたものが実はそんなでもなくて、皆がそれぞれできる対策をしてワクワクしながら客席を埋めてたとかいろいろ(わたしはその光景見て影アナ入る前からうるうるしてました)。

 

 

13:50

 

それから場所をカフェに移してさっきの続き。

 

幕が上がったとき、客席ほぼ満席の光景を目にしたのっちがニヤリとしてたあの表情が忘れられないということを力説するわたし。あの数字のオブジェは本当は26日の今日だけのために用意していたんじゃないかという考察を聞いて納得するわたし。

 

 

14:10

 

私「入場まであと2時間くらいか~」

「急に中止になったりしないよね…」

私「今日の今日は……ないでしょ~~」

 

 

14:31

 

「え!LDH…中止だって…今日の今日だよ…!」

私「LDH?」

「京セラ、今日ツアー最終日だって、エグザイルの」

私「うそ!!?」

「こっちも中止になるんかな、どうしよう」

私「いや、そんな、まさか」

「中止…中止になったら…………………なに歌う!?」

私「ちょwww  んーーーーwonder2かなぁやっぱ」

「「ら~ら~、ら~ら~」」

 

 

仲間は関西からこの1日のために遠征して来てるんだ。頭の中で、もしかしたらPerfumeも中止になるかもしれない、そう予想して少しの覚悟をしたところでこのことを口にするわけにもいかないし。

 

14:42

 

「荷物置いてから会場行きます」

私「はい、じゃあ会場で」

 

 

14:50

 

残った仲間3人で秋葉原から水道橋に移動するために駅の改札を通り、総武線のホームに向かう途中でふと、ツイッターをチェックすると何人かのフォロイーがPerfume公式の記事をシェアツイートしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「待って!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前を歩く2人の仲間に声をかける。

足が止まる。

 

見出しのPerfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」東京ドーム(東京)公演 ご来場予定の皆様へ開催中止に関するお知らせ という文字はちゃんと頭の中に入ってきている。すぐ理解もできる。だけどフェイクじゃないよな、とか、なんか、よくわからないけど全文を読むまでは受け入れられないというか、なんというか、とにかく、URLを踏んだ。

 

目の端っこには駆け寄ってきた2人が一緒にわたしのiPhoneを覗き込んでるのがわかった。

 

Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」東京ドーム(東京)公演 ご来場予定の皆様へ開催中止に関するお知らせ

平素よりPerfumeを応援していただき、誠にありがとうございます。

本日午後に新型コロナウイルス感染症対策本部にて政府に要請された方針に従い、直前で大変申し訳ございませんが、本日2/26(水)東京ドームにて開催を予定しておりました「Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」東京ドーム(東京)公演を中止とさせていただくことを決定いたしました。

本公演を楽しみにお待ちいただいておりました多くの皆様には、ご迷惑をお掛けすることとなりますが、感染の拡大を収束するべく、このような判断とさせていただきましたので、何卒ご理解を賜りますようお願いいたします。

払い戻しに関しましては改めてこちらのサイトにてお知らせいたします。

また、公演中止に伴い、会場でのグッズ販売は16:00にて終了させていただきます。

公演間近のご案内となりましたことをお詫び申し上げますとともに、ご理解賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

 

 

 

私「中止……だって……」

「……」

「とりあえず…行こう」

 

 

 

14:55

 

2駅が過ぎる間、誰も言葉を発せずそれぞれのスマートフォンを見つめる。

 

『受け入れるしかない』

『えぇぇえええ!!』

『そんな!!!』

『とりあえず会場に向かう』

 

わたしのTLはもちろん動揺していた。

 

その反応を見ることでやはりこれは現実なんだと実感した。実感したけど、十分理解できたけど、でもこのまま家には帰れない、わかんないけど、なんか、会場外にみんな集まったら中止した意味が薄くなるけどでも、頭ではわかってても体がいうことをきかなくてさ、全然理性的じゃないの、わかってるのに。

 

 

15:08

 

東京ドームについた。泣いてる人がいる。みんなそれぞれ事情があるから。わたしの仲間の顔が浮かぶ。なんて言えばいいんだ。かわいそう、しょうがないよね、また次があるよ。そんなこと言えないわ。自分に置き換えて考える。いやいや言えないわ。次はないものと思って刹那的にPerfumeに触れているわたしがそんな思ってもないこと言えないわ。

 

若い人、年を重ねた人、子供を持つ人、恋人がいる人、ぼっちの人、本当に色んな人がいるけれど目を見ると泣いている。うるうるしている。

 

 

ううう。

 

うううううう。

 

ううううううううううううう。

 

 

わたしも涙がでてきた。

 

 

 

泣いてもしょうがないのに、悲しいというか、なんていうか、この感情に名前はつけられないのに、どうしようもないのに。

 

 

仲間が言っていた。

 

俺は他の日も行ってるからいいけど、今日しか来られない遠征組がさ…。

 

ほんとにそう。

 

その遠征組の顔を見ても、どうしよう、やっぱり気の利く言葉が何も浮かばない。なんて言ったらいいか。いつの間にか来ていた関西の仲間の顔を見たら泣いていた。わたしもまた泣くしかなかった。

 

でも明るくふるまう人の多いこと。誰もその場でPerfumeを責めるようなことをしないし、グッズ列はパンパンだし。他の日にツアーを見れた人も、1度も見られなかった人もほとんどの人が3人のことを想ってる。チームPerfumeを心配してる。

 

うわ。涙出てきた。あの時のこと思い出しながら書いてるけど、つらすぎる。ちょっとティッシュ鼻につめます。

 

 

 

しかも追い打ちかのように、14:20頃までリハーサルの音がしていたよって誰かがツイッターで教えてくれてた。やる気マンマンだったんだ、3人。ギリギリまで考えてたんだ。

 

だめだ。やっぱり涙が出てくる。鼻にティッシュ詰めるんじゃ追いつかない。

 

どうしよう。なぁ、どうしよう。

 

1時間経っても誰もその場から離れられない。仲間はどんどん集まってくるし。いよいよグッズ列も締め切られた。開場時間だった16時でグッズ販売は終了するってアナウンスだった。

 

更に1時間経っても、自分がどうしたいかも決まらなかった。

 

いや、うそ、途中でP3コラボの観覧車乗りました。あとジェットコースターも乗りました。すんません。

 

 

17:45

 

突然、ドームからポリリズムの時に使う特攻の花火の音がする。

 

みんながその音がした方を注視する。

 

ああ…

 

ああ……

 

あああああああああああああああああああ

 

あ~ちゃぁぁああん……かしゆかぁあぁあ……のっちぃぃいい……

 

あああああぁぁぁぁぁぁあぁあ……………

 

ゴミになってしまうから、火薬かなんか知らないけど捨てられないから、そのまま花火として消化するしかなかったんだ。きっと。普段、自分たちの演出を客席で見ることはできないから、花火は見たいってなったんだろうか。なんだったんだろうか。

 

色んな憶測はとんだけど、たぶん3人が関わってるだろうと思ったので、その気持ちを勝手に想像したらまた涙があふれてきてどうしようもなかった。千秋楽をやれなかった3人がどうにかなってやしないかただただ心配だった。

 

今私たちにできることは新型コロナウイルスに罹患しないこと。それだけではあるのだけど。

 

 

21:10

 

 

“また会いたいです。” 

 

いや…

 

それはズルいよ…

 

そちらから、Perfumeから会いたいって、 雲の上のような人たちが、こんな愛おしい言葉を使うなんて、愛しくて愛しくてたまらない。そう思うと涙があふれてしかたなかった。

 

 

ぶっちゃけて言うと、わたしはPerfumeとファンがお互いを支えあっているということを実感したことはこれまでありませんでした。でも、チケット代返金の対応を見て電卓をたたいて驚愕する。なんて生々しくエグい数字だ。わたしもこの中に入っている。だから、この返金されたお金を使って還元率の良いグッズを更に購入しないと胃が痛くてたまらない。わたしは紛れもなくPerfumeを支えている。

 

 

つまり何が言いたいかというと、わたしはPerfumeと遊ぶために生きている、ということを改めて感じたんです。Perfumeがなければ生きてる意味なんてほんのちょっとしかない。これは重たくてネガティブな気持ちじゃなくて、シンプルに前向きな気持ちです。

 

もっと研ぎ澄ませて言うとPerfume大好きってだけなんですけどね。

 

 

f:id:ocha00:20200307155910j:image

 

 

2019/5/12 マスカレード ~最初の宴~ の感想

マスカレード ~最初の宴~の感想です。

長妻樹里さんご出演のイベントです。

女性声優です。

記憶曖昧適当補完しまくりです。

よしなに。

 

 

3月11日0時すぎ、得体のしれない公式アカウントからイベント告知ツイートが投下された

ありましたね、昔。個人っぽい団体が声優を呼んでイベントするヤツ。

これとか

 

これとか

 

これ

 

後日、映像配信すると言いつつ闇に葬り去られたものもあります。こわいな、オタクの脳内にしかあの日イベントがあったことを証明するものがないこの現実。

 

そしてわたしは現在、樹里さん、PerfumeVTuber(月ノ美兎) というかなりやばいオタクバランスでおりまして…2018年の樹里さんお誕生日イベントはさすがに即決で参加を決めましたがその他のイベントや作品は……ほんとにごめんなさい…お察し下さい…。なので、このイベントも参加するつもりはありませんでした。樹里さんももうすぐ10年になるでしょうし代表作と呼べる作品もたくさん。わたしが必死こいて樹里さん大好き!と叫んでたころと比べれば固定ファンも随分増えたと思います。

 

だから、別のタレントに遷移してしまった部外者のわたしは行かなくても大丈夫だろうとか、作品見れてないし合わせる顔がないとか、図々しいことを思って参加を渋ってしまうんです。何かのついでがなければ行動できなくなってしまった。紛れもなく最低の元声優オタク。

 

 

でもそういえば…この日は都心に髪を染めに行く用事がある……。

 

公式垢のフォロワーが85……。

 

わたし、これ、たぶん行かないとダメだ……、元声オタの血が騒いでる……。

 

イベント開催の3日前、急ぎました。

 

 

チケットの購入方法は公式のメールアドレスに必要事項を記入して送付。メールバックに記載の銀行口座へ現金振り込み。いまどき…!?と思うかもしれませんが上記の過去個人イベントのチケット購入方法ほぼこれなのでもうそういうものなんだ。憶えといてくれ。

 

ごきげんよう

会場は結婚式の披露宴?みたいな、丸いテーブルに椅子が3つか4つ。それが10組くらいだったと思う。まぁ要は40人くらいだったんだ。少し胸は痛んだ。オタクは接近戦じゃないとそうそう来ないからね…(お前がそれ言う…?)。

 

開演時間を少し過ぎたころ会場が暗転し天の声的に樹里さんとノゾフィスの声が響く。マスカレード的な演出でベネチアンマスクをした2人がステージ上に表れ「ごきげんよう~!」とご挨拶。

 

(すわ~~…ご、ごきげんよう…かぁ…ハードル高いなぁ…てか樹里さんほっそ!!!やっぱほっそ!!!!お腹ぺったんこ!!!!ドレスワンピ似合ってるなぁ!!!!いやもう二次元か…!?!?相変わらずキレイでいらっしゃるなぁ!!!声も良いなぁ!!!!!!!???)

オタクの皆さん「「「ご、ごきげんよう…」」」

ノゾフィス「いやもっと出るでしょあなたたち!言えば出せるって知ってんだからね!はい!」

オタクの皆さん「「「ごきげんよう!!!」」」

ノゾフィス「出るじゃん^^」

 

 

 

 

ノゾフィス開幕から飛ばすな

 

 

樹里さんとノゾフィスが一緒に出たイベント

オープニングフリートークは一緒した仕事、イベントについて。

同じゲーム内で一緒に出てたりするけれどイベントでいうと直近ではグリモア生放送の脱出ゲームだったよねとか、初めて一緒に出たイベントは……

 

わたしの脳内で思い出される↓

 

(ん…!!!!???これは…!!!!!!????!??!この流れは…!?!?)

 

ノゾフィス「あ、これ、いたりするかな」

樹里さん「ねー、いるかなぁ!」

 

(くるか!!!!くるのか!!!!!あの時のマリコレに来てた人~!はーい!はいはーい!!がくるのかーーーーーーーーーー!!!!!!!???????)

 

ノゾフィス「5年くらい前のマリコレが初めて一緒に出たイベントだったんだよね、それに来てたよー!って人い」

 

わたし「スッ(ドヤ顔ハンズアップ)」

 

ノゾフィス・樹里さん「「あ、いるーーー!!!」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニッコリ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうこのために来たようなもの。まさかこんな風に役に立つとは(何の役にもたっていない)思わなかったので嬉しい誤算でした。もう界隈を離脱してしまった元声オタにはこういった豊かな気持ちになることは許されないと思っていましたから……。いうてわたしの他にも前列で5,6人は手を挙げていてわたしはその影になってたのでたぶん見えてなかったと思う。まぁんなことどうでもいいんだよ!がははは!!(涙目)

 

それから樹里ちゃんのハロウィン仮装だけガチすぎてヤバかったよね!という話で盛り上がりわたしは樹里さんの網タイツ姿を思い出してスゥゥゥゥ……となっていました。気持ち悪くてすまん。めっちゃえっちで可愛くて綺麗だったんで。。。

 

おっさんずラブにハマってんの

着席してコーナーへ移行。お題は最近ハマってるもの。ノゾフィスはアベンジャーズ。樹里さんはマーベルシリーズ一つも見たことないとのことでノゾフィスからハルクかアイアンマンから見て!と勧められてました。

 

樹「あたしねー、ちょっと今更なんだけど『おっさんずラブ』にハマってんの」

ノ「え!結構前じゃないそれ!」

樹「そうなの、当時は周りの女の子がみんないいよ!いいよ!って言ってたんだけど」

ノ「私見たことなくてさ、おっさんが…OLとかに恋するの?」

樹「いやえっとね、おっさんがおっさんに恋するの」

ノ「えBLってこと!?」

樹「そうなの!ボーイズラブなの!女の人も出てくるけど脇役で、純愛ものなんだよ…!!」

 

いやわかるわ。わたしも流行ものは後回しにするもん。なんでか知らんけど。んで最近見たもんわたしも、おっさんずラブ。2話分だけ(巨根で撃沈してしまった)。

 

ということでなんと樹里さんがボーイズラブものを語り始めるというレアな場面に遭遇するもここで深く語ると凄い時間になっちゃうから劇場版をめちゃくちゃ楽しみにしてる!ってことだけで自重していらっしゃいました。

 

セリフ口にするもんね

 

トークお題:職業病

 

ノ「アニメとかさ映画とか見るとエンディングのクレジット見ちゃう」

樹「あわかるーー!!!あたしも!ナレーター誰々さんなんだー、良い声だー!とかなる!あと、作中のキャラで演じたいキャラ見つけちゃったりとか」

ノ「あるあるある!絶対1キャラは見つける!(笑)」

樹「そうそう!セリフとか口にするもんね、口にしたい日本語みたいにね」

ノ「やるーー!!」 

 

で、大盛り上がり。実に声優らしい職業病でこれは聴いてて楽しかった。わたしはそれが聴きたいよ……樹里さんがおうちでテレビに向かってあたかもその役であるかのようにセリフを口にする樹里さんの声を……。

 

それからお題やら質問やらが続いていき…(途中でエチュードやってたけれど樹里さんが大暴走してウルトラミラクルカオスだったので割愛。他のオタクの方のレポ漁ってくれな)

 

・声優あるある→声優はバイトをクビになりがち

ノゾフィスは2回クビ経験あり、1回目はショックだったけど2回目は慣れてた。

樹里さんは東京准看護師時代の務めて最初の休み希望を全部土曜休みに丸して提出して呼び出し喰らったあの話を交えつつ、1回はクビ経験あり。

「だろうな…とは思ったけれど結構ショックだった」とか。へぇ~わたしが忘れてるだけかわからんけどクビになった話初めて聞いたかも。

 

・声優になってよかったこと→ファンの方と会えたこと

ノゾフィスも樹里さんも今日、誰も来ないんじゃないかくらいに思ってたとか。だからたくさんのイベントがある中で今日ここに来てくれて感謝、奇跡だよ!と強めに伝えてくれてました。わたしもどれくらい来るのか疑問だったけど結構集まった方だとは思う。これよりもっと少ない時を体験してるから。

 

あと、広い会場だとしてもみんなのことステージ上から意外と見つけられるし見てるからね!ともお話されてました。街とかでも見かけることあるからね!イベント当日の会場周辺とかふつうにあたし達いるから!!!って。

 

ヒエッ……み、見て下さってるみたいだぞ、オタクの皆さん……。

 

まぁそれはさておき、オタクのイヤな肩書きのひとつに認知厨というのがあるけれど声優によっては“認知してる厨声優”も一部いるような話をすごい昔に見たけれどおそらく樹里さんが言ってることもそれで。でもその言葉が持ついやらしさとか嫌悪感みたいなものが一切ないのが樹里さんの凄いところだとずっと思っています。心からそう仰られてるのが伝わってくる。この人は嘘が無い感じがする。本当に素直で真っすぐなお人。それを今一度改めて感じました。

 

他にはファンの誰々さんがあたしの上司って関係だとしたら…同僚って関係だとしたら…とか考えたりするもんという迷言が飛び出してました。いやそれオタクがする妄想やつ。樹里さんする必要ないやつ。わたしもしょっちゅう妄想してましたよ。街で樹里さんと出くわしたらどうしよう!とか。逃げますけど。てか逃げたことありますけど。

 

先生みたい!!!

それから、みんなで発声練習してみよう!のコーナー

 

いやいやいやマジか!

ハードルたっっか!!

オタクの声とか聴きたくないが!!!

樹里さんとノゾフィスの声を聴きに来たのですが!?!?

 

というわたしの切実な思いをよそに2人は楽しそう。どういう練習法だったかお互いに披露しあう。かわいい。プロだ。かっこいい。もうこれだけでよくないか。なぁ、樹里さん!ノゾフィス!!

 

ノ「じゃ、みんな立って!」

 

ノーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

心の叫び虚しくマジでオタクの皆さんと樹里さん先生、ノゾフィス先生の言いつけにしたがうことに……。

 

樹里さん「足は肩幅に開いて、5秒息を吐いて5秒吸ってー」

オタクの皆さん「ふーーーー、すぅーーーーー」

 

このとき樹里さんのほっっっっっっそい、うっっっっっっすいお腹が目に入る。息を吐けば思いっきりお腹がへっこんで、息を吸えばお腹がふくらんでいく。やべぇ、ガチだ。プロが発声練習するその呼吸の過程を目撃してしまってる。レアすぎる。てかやっぱ細い…………。

 

樹里さん「3秒止めてー、1、2、3で口は閉じたまま声を出してー徐々に口を開いておおきくー7秒続ける、その後息が続くまで声を出し続けてー」

オタクの皆さん「ん゛ーーーーーんむぁああーーーーーーーーーーーー」

 

 

 

 

 

樹里さん「ひははははは!!!!!うっわあたし先生みたい!!!!はははは!!!!!」

 

 

 

 

 

ゴキゲンかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!よかったわーーーーーーーーー!!!!!!!!!樹里さんが喜んでくれてよかったわーーーーーーーーーーーい!!!!!!!!!!!!

 

で、樹里さんマジでひとり楽しくなっちゃっててステージ上でくねくねしたりぴょんぴょんしてました。カワイイ。

 

それからおかわりされてもう一度やりました。今度は最後まで息が続いた人がいたらその人をみんなで称えようとか言いだして争わされるオタクの皆さん。樹里さんマジでテンション高いじゃん!!!いやこちらも嬉しいですが!!恥ずかしいんですよオタクは!!しかし今は樹里さん先生なので大人しく従います。

 

オタクの皆さん「んもぉあああーーーーーーーーー(7秒以上続けるフェーズ)」

樹里さん「お、ちゃんとやってるかな、ん?(ステージから降りてオタクのエリアに踏み込んでくる樹里さん)」

わたし「(んああああああ!?!?!??!樹里さんまた暴走しだしたあああ!?!?!?!ちょ無理だって無理だって!!可愛くて無理!!!ってなっちゃうから!!!ダメだって樹里さん!!!簡単に人里に居りてきちゃあ!!!ああもうこっちくる!!!!!!!!!!) んふぁ……」

樹里さん「ちゃんと声出してるかなー?どうかなー?(通りすぎていく)」

わたし「はぁっ…はぁっ…はぁっ…、ふーー危なかった…」

 

 

 

こんな刺激的なファンサする女性声優おる!?!?

オタクは好きな女性声優と接近するだけで頭まっしろになっちゃうので気をつけてほしいです(おまえマジで何?)

 

じゃんけんぽん

じゃんけん大会勝った。

初めて樹里さんにじゃんけんで勝った。

サインもらっちった。ふふん。

うれしい。

ステージ上からおめでとうございますってお声もかけて頂けました。たぶん。

うれしくてあんま覚えてない!

 

以上!

 

 

ということで接近のない樹里さんのトークイベントはそれこそ現役で応援してたとき以来…3年ぶりで、作品を追えていない自分ははたして楽しめるのだろうかと思ったりもしましたがそこは声優個人のトークイベント。かなりパーソナルに寄った内容だったので樹里さんの声が好きなだけというライトな理由でも十分参加できるイベントだったという印象です。てか声優ってふつうに話おもしろいから声優知識なくても配慮して話してくれるし全然楽しいんだよね。

 

またあったら行きたいな。んでまた合わせる顔ないって言って渋ってんだろなわたし。

 

樹里さん綺麗だったなーーーー

 

 

f:id:ocha00:20190514222201j:image

 

Future Popツアー感想

あけおめ2019。

 

会員期限12/31、その日に継続手続きをしようと思っていたのに忘れて忘れて忘れ続けて朝帰りの電車で忘れてることに気づき急いで新規入会手続きをしたおちゃです。このエントリーに気づいた方、おひさ。でももう誰も見てないと思ってのこっそりエントリーです。

 

カウントダウンライブ全身全霊を賭して参戦してきました。一応国内FPツアーは千秋楽ということでネタバレ禁止令も解禁となりましたね。なのでわたしも少し、書いてみたいなと思い立ちPCの前に座っています。

 

自分がこのブログの更新を止めるまでどうやって書いていたのかもうほとんど覚えてないので、前とノリが変わってるかもしれないけどまぁそんなことはどうでもいいし、がっつりレポというか、ぽつぽつとした感想を書くのでもしこの記事を見つけても3人の詳細なMCが知りたいという方は他を漁ってくだしあ。

 

魅せる

このFPツアーはざっくり言うと《魅せる》だったなぁと感じました。がっつり躍らせて、ファン参加型の今までの作りとはまるで違う。でもこれはReframeを全国に見せて回りたいという気持ちを感じたのでなるほど3人らいしいや、と思いました。すごろくを見せたいって言ってたのと同じ感じかなって。

 

でもきっとそれだけではないというか、挑戦・実験も結構兼ねていたのかなとも思います。アルバム『Future Pop』自体がダンスアルバムではないこともあったでしょうし、“ショー”Perfumeをみんなどう感じる?ってまた改めて問いかける部分もあったんじゃないかと思いました。

 

というのも会場で何人かと意見交換したときに、みんなやや戸惑い有りというか、ちょっと思てたんと違うみたいな印象を受けたので、やっぱりPerfumeのライブは3人とファンが一緒に踊り狂って気持ちを通わせて、というのが求められていたものなのかなーって。気づきがあったというか。

 

MCいらねーもっと短くていーよとか、周りの客うぜーワーワー声あげたり踊んなよ、Perfume見せろよ見てろよってご意見をスタイリッシュに取り入れた結果の構成だったのかなくらいにわたしは思ったんです。ちょっとひねくれた考え方かもしれませんが(笑)

 

あとは年齢もあるのかなぁとも。3人がどれだけ消耗してるかはヒールを履いてフリコピしたところであの背負うものや緊張感までわかることは一生できないのでわかりませんが、もしかしたら体力や痛みを考慮した形で《魅せる》見せ方にシフトしようとしてるのだとしたら、これは大きな実験だったかもなぁと思ったんです。どんなにプロスポーツ選手並みのメンテナンスを施しても、やっていることは唯一無二のこと。3人やMIKIKO先生にしかわからないものがある。それをこれから模索するフェーズに行くのかなーと少し思いました。

 

あとはPerfumeファンがFuture bass苦手すぎ?(笑)

 

ちなみにわたしが参戦させて頂いたのは長野2日目、青森2日目、横浜1日目(11日)、福岡2日目、カウントダウンライブ、です。

 

お気に入り

さてお気に入りですが。遠方の座席にしかほとんど当たらなかったんであんま見えてなかったんですけどまずはやっぱりFuture Pop!自分の車で爆音でかけて涙ダバダバ流すくらい多幸感による影響を受けていたので、それよりももっと大きな音と、アルバム通りのストレートなセットリストの始まりに感激して涙したのを憶えています。MVとも重なる統一された世界観の再現にも。未来じゃん。(エフェクトのかかった何言ってるかわかんないボイスが「未来じゃん」にしか聴こえなくて毎回じわじわきてた)

 

からのエレワ!頼りになるエレワ!Perfumeはもうずっと昔から“Future Pop”だったんだぜを表したかのような選曲ですき!未来の曲だし、最新曲と繋げて遜色ない、むしろ今でも最高最強。ここの2曲は本当つよつよだったと思います。VJも芸が細かくオイオイ言う煽りあ~ちゃんは最初CGにいなくて、煽り終えてフリに戻るときCGに現れていたのちょっと感動しました。

 

それからIf you wanna。一生すき。VJもかっけー。あとTiny Baby…超…かわ…いい…。のっちさんがiPhoneXのカメラに対して超アイドルスマイルを振りまきまくってたのがわたしの心に深く刺さりました。ドチャクソかわええ。曲も裏でノッて楽しいですし、最高of最高です。

 

FUSIONはfuturexの時ともOTONOKOの時ともReframeの時とも違う緊張から解かれた感じでこちらも安心して圧倒されることができ。贅沢だなぁと思って見てました。ですから少し余裕のある3人の動きが好きでとくに最初の“FUSION”ポーズ決めるとこで3人それぞれ御髪が乱れるんですが誰が一番躍動感出せるかみたいなくらい3人ともバッサァ!!ってなっててそれがなんかめっちゃ好きなんですよ!一番凄かったのはやっぱあ~ちゃんのポニテでしたが。

 

MCは序盤の長野が短すぎてきっちり2時間で終わったウルトラスーパーシンプル公演だったのでもしかしたら長野のみ参戦だった方で、3人のMCが好きな人はずっとモヤモヤしたままかもなぁと思ってるんです。その後の公演ではどういう反省会したかはわかりませんけど割と長めのMCだったので満足度は回を追うごとに増したので。

 

それで、わたし超来輪が曲自体もめっちゃ好きなんですけどフリも好きでよお!!!!3人が向き合うとこがあるんすよぉ!!!どの部分か忘れましたけどさぁ!!!!!双眼鏡で見てて……笑い合ってたんだよおっっっっ……また一つ増えましたね…ニッコリ曲が……。

 

あとは途中からセトリ追加?で宝石の雨、スパイス、575が見られて嬉しかった…。人生初575、スパイス。見られるとは思いませんでした。

 

P.T.A.のコーナーはTOKYO GIRL TVver.のフリをみんなでやろうずコーナーが個人的には好きでした。Perfumeから直接教えてもらえること、ご指導Perfumeが見られたこと、フリを分割すると頭こんがらがるあ~ちゃんが可愛かったこと、のっちが結構先生できてたこと、かしゆかは普通に楽しんでけらけら笑ってたことなど。ファン参加型でもあるし一般客にPerfumeのフリの精度の高さ、難しさをポップに伝えらる結構良い企画だったんではないかと思いました。何よりただただ楽しかった。

 

ほいでラストの無限未来。爆音、無限未来。TOKYO GIRLをラストに持ってくるのがパターンだった時もできる限り爆音TOKYO GIRLにしてたので、音でも圧倒させてこれるPerfume、好き……って改めて思った瞬間でした。なんちゃらレーザーも数が増えて?豪華になっていましたし、キラキラで綺麗でした。特にラストサビのブレイクでバックを白色にしてスポットの照明を落として3人をシルエットで表す一瞬の演出があるんですけどあれめっちゃ好き。

 

以上!

 

Twitterとブログはやっぱ全然別物だなーって今朝の帰りの電車で白目になりながら思ってたんで、体力とか時間があるときにまた書きだすかもしれません。自分はやっぱりブログの形式でPerfumeへの気持ちを確認する作業が好きかもって感じたので。めんどくさいのに変わりはないんですけどね。だからレポートみたいなことはやんないです。とか言って今年の海外ツアーなぞ行ける訳がないので書くにも書けないんですけどさ。

 

紅白とカウントダウンライブのことはまた別に書くかもしれませんし書かないかもしれません。よしなに。

 

『Future Pop』さいこーーーー!!!!

こんにちは、お久しぶりです。ブログの書き方忘れたおちゃです。更新しないって書いたのに毎日アクセスあるのスパムですか?(笑) 昨日とかなぜか300PV以上あったんですけど皆さん元気してますか?『Future Pop』買いましたか??わたしは14日の朝6時に手に入れてました。

 

さて、再開ではないのですがなぜまたブログを書いてるかというと……1曲ずつ感想!とかなんやらかんやらしようと思ってエントリーした訳ではなくて、『Future Pop』を聴いててずっと笑顔じゃなかったですか?なんかずっと幸せみたいな気持ちじゃなかったですか?ということを書きたかっただけなんです。その答えはどこからも返ってこないかもしれませんが、虚空にでもいいから訊いてみたかったんです。自分の気持ちを確かめるかのように。

 

音楽と人ロキノンWOWOWのFP特番のインタビューで事前にメンバーのこのアルバムに対する気持ちを知っていたから余計だったかもしれませんが、ほんとにメンバーの言うとおり幸せ感に包まれて、嬉しくて涙が出る。そういう状態になりました。

 

まだ歌詞をちゃんとは読んではいなくて音でしか聴いていないのですがどの曲もほんとにポップでキャッチーでハッピー。シングル曲含めおもしろいくらい全ての曲に同じ感情を抱きました。Let Me Knowだけはどうも死後の世界を歌ったような曲に聴こえてしまうのでちょっとだけおセンチな気持ちになりますが、でもポップな生と死の歌としては個人的に超最強の曲となりました。ミディアムで落ち着いた大人っぽい音に聴こえるので全体を通して聴いたときもLet Me Knowがあるお陰でアルバムとしての深みが増してる気がします。みなさんはどうですか?レミノはどんな風に聴こえますか?MVを観て感じ方など変わったりしましたか?

 

それから新曲、ほんとに全部好きで相変わらずハズレの無さに驚きました。ちょっとオリエンタル調な超来輪も前までなら速攻で苦手曲入りしてたんですけど、わたしのこれまでのPerfume好き好き人生の中でライブに参加したことでその苦手意識は払拭され更には大好きまで昇格してしまったことが影響して既に好きです。こわいですね。調教されてます。Tiny Babyも勝手に身体が動いちゃいます。

 

あと、このアルバムでライブの想像できますか?わたしは不思議なことに全然できてなくてめちゃめちゃ未知な状態です。なんですけど、絶対みんなめちゃくちゃに幸せそうな顔して笑いあってるのだけは想像つくんです。PerfumePerfumeが好きな人たちみんなで。なんか、そんな感じありませんか?CEの時は圧倒させてきたり、とにかく圧があったんですけど『Future Pop』は未来があることを感じさせてくれる嬉しさだとかただ単に音のハッピーさとかで既にアルバムと仲良しなので、それ以上の演出のしようあるのかな?って感じでまったくもって、色のイメージすら沸かないんですよ。強いていうなら白なんですけど、たぶんそんな訳ないじゃないですか(笑)

 

で、最後に、このアルバムのライブツアーがあるって事実が超最高だなってことです。インターネットに自己満足で感想書き散らすだけじゃもう全然足りないんですよ。好きーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!って伝えきれないんですよ。もっと直接的にFuture Popの幸せ感を共有、共感したいんですよ。それには生身で気持ちをぶつけあえるワンマンライブしかないじゃないですか。で、そのライブに参加できるのはもう決まってるんですよね。アルバムのタイトルすら、ツアータイトルすらついていなかった段階で落選祭りだった6月のチケットエントリー。

 

もうばかみたいですよね。良い意味で。最高だって確信してる人たちがむちゃくちゃに居るってことが。Perfumeファン、マジでイカれてる。イカしてる。

 

だから、FPツアーしぬほど楽しみじゃないですか?どうですか?皆さんのPerfumeファン人生の中で、『Future Pop』を聴いた今、どんな気持ちでいますか?

 

f:id:ocha00:20180815142618j:image

 

STAR TRAIN新参としてのブログ更新はこれで終りにします

今年に入ってから更新しない日が増えていたのでお察しの方もいらっしゃるかとは思います。それでも足を運んで下さった皆さんありがとうございます。まぁ特に5月トゥワーからが酷い(笑) ついにマイナスな気持ちを残すようになってしまったのでこれは良くないと思い始めました。割とそこがきっかけだったかもしれません。

 

わたしがこのブログでPerfumeに関して書き始めたのはPerfumeへの加速する気持ちや変化する自分を残してみたらおもしろいかなぁと思ったからです。その途中でも素人がお気持ちを表現することに意味があるのかとか堅いことを考えてしまってブログを辞めようとしてた時期もありました。

 

だいたい2年半ちょいくらいでしょうか。自分で読み返しても引くくらい初期のPerfumeから掘り下げて物凄い勢いで最新のPerfumeに追いついていたので笑いました。でもそれでよかったというか、元々そういう性格なのでわたしとしてはいつものことなんです。始めの熱が凄すぎて燃え尽きてしまう。

 

今回もそれです。過去の記事の文末でもチラリと書いて危惧してるようなこと書いたのでわかる方もいると思いますけどそれです。新参として燃え尽きました。でも、大まかなところとしては完結できてると我ながら思います。行けるライブがあるのに行かなくていっか~という選択をしたことはこの2年半では一つも無いので、全て行っといて良かったー!!!と今改めて感じています。

 

今のこの気持ちはやっぱり今しかないから。来年の自分が同じ気持ちでいるとは限らないしそもそもPerfumeがまだそこに居てくれるとも限らないし。これは追い続けてる真っ只中でも書き続けてたことです。

 

迷ってる人は会いに行け。最低限の恥じは残して堅い考えを捨てろ。健康な自分も、健康なPerfumeも、今しかない。たぶん。これだけは強く伝えておきます。チケットが手に入るのなら会いに行け。

 

ブログはこのまま残しておきます。いつかPerfumeを見つけた人がライブに行く勇気がないとか、フェスってどんな雰囲気なのか、わたしのこの拙い文章でもライブに行ってみよう!という選択肢を選ぶちょっとした後押しになればいいなぁって。

 

ただ一つ。Perfumeに冷めた訳じゃなくて、9月のツアーも長野から攻めたいくらいガンガン行くつもりなので大丈夫ですよ、安心してください。そこの気持ちに変化はないので。ですから、そのツアーでもし何か感じることがあればまた書くかもしれません。

 

ということで、今までコメントで交流して下さった皆さん、コメントはしないでも読んで下さっていた皆さん、本当にありがとうございました。すごく楽しい2年半でした。ありがとうございました!

 

そうそう、キャラがブログと全然違いますけどTwitterはたぶん続けてると思うので気になる変わり者の方はどうぞ@ocha0

 

2018.06.11 おちゃ