読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

菅野さん「3人が言ったことだけで作ってるんです」

もうすぐナゴヤドーム公演ということでややソワソワしているところに今日、あ~ちゃんブログが更新され、手書きのあたたかいメッセージを嬉しく思いつつなんでこんなに解像度が低いのかP.T.A.運営に小一時間問い詰めたい今日この頃。

 

このあ~ちゃんのドキドキして心がほっこりする煽りメッセージ、期待度がぐんぐん上がってしまいますがよろしいのでしょうか。またやるか分からんけんっていうのは真理だと思うし、これは外部の人間にも伝えた方が良いのではないかと思うくらい気持ちが伝わってきました。要は迷っとらんでとっとと来んさいってことだ。

 

さて、そんなわたくし過去ラジオを漁る日々を送っていますが、やっと?2014年11月21日、28日に放送された「澤本・権八のすぐに終わりますから。」にたどり着きました。広告業界に特化した番組のようですが、そこにPerfumeさんと菅野薫さんという方がゲスト出演していたものです。これが、ゲストとして出演した番組にしては大切な話があり過ぎて色々驚きました。

 

まず、菅野薫さんの存在。恥ずかしながら今しがた認識いたしました。3人が信頼を寄せていてチームPerfumeには不可欠な存在で。

 

それというのもカンヌでのあの冒頭のメッセージは菅野薫さんがMIKIKO先生の演出イメージや想いを聞いて作ったということ。そして3人はあのメッセージを聴きながらステージに立ち泣きそうなくらいだったということ。更に極めつけはその縁から『DOME LEVEL3』の冒頭のメッセージも菅野薫さんが書いたということ。

 

なんと菅野薫さんはPerfumeだったのです!!!!(違)

 

いやそう言っても過言じゃないくらい。だってPerfumeファンど素人のわたしは3人が考えたものだと疑わずに思っていましたから。まんまとやられました。凄いコピーを書く凄いお方です。

 

ただわたしのように、3人が考えたものと思わせるほど自然な言葉と受け取らせることも一つの目的にはなっていたと思います。ステージには3人だけで立つという信条を守っているPerfumeに異物感を与えてはいけないと思いますから、超大成功です。

 

そのラジオでは更に『DOME LEVEL3』のメッセージを書くに際して大変衝撃的なやり取りがあったので書き起こしておきたいと思います。

 

---

 

菅野さん「書いてると言っても、僕が書いたっていうかまぁ、書いたんですけど基本的にはMIKIKO先生からどういう想いでこのストーリーとか、この場所で何をしたいかっていうようなお話しを聞いて、で、今こういう演出を考えてるんだっていうお話を聞いてその上で3人にひとりずつ時間頂いて」

あ~ちゃん「はい、面談したんですよね」

菅野さん「で、3人のそれぞれの今回のツアーに対しての想いとか、みんなに何届けたいかっていう話を伺って、だから、出てきてる言葉は全部3人の口から出た言葉だけで構成してて」

みんな「えぇ!?!?」

あ~ちゃん「すごーーーーい」

のっち「凄い!」

菅野さん「だから僕が書いたというよりは3人の気持ちを整理したというか」

あ~ちゃん「やすっごい。凄い。凄い。いやでも研ぎ澄まされてて、ほんっとにもう削いで削いで削いで削いでっていうような、うん、いつも菅野さんの言葉はもう……カッコイイです」

澤本・権八「でもだってだって自分達の言った言葉だよ?(笑)」

あ~ちゃん「いやそれ今初めて聞きました、ビックリ」

菅野さん「3人が言ったことだけで作ってるんです」

あ~ちゃん・かしゆか「すっごーい!」

のっち「やっばい天才!」

あ~ちゃん「なんか嬉しい…」

かしゆか「嬉しい」

 

---

 

いい話、聞いちゃったなと思いました。感激です。菅野さん凄い。3人の言葉だけで構成しているのだから、やっぱりわたしのように3人が考えたんだな…!とか思う人間いてもおかしくないんですね。本当に凄いお話しですし、大切なエピソードだと思います。知れて良かった。また『DOME LEVEL3』を観ましょう、すぐ観ましょう。

 

そう言えば今日は『WE ARE Perfume』が一般公開されて丸1年の日です。わたしが初めてPerfumeさんを知りたいと強く思って初めて行動を起こした日であり、そしてPerfumeが大好きになった日でもあります。もう1年経ってしまいました。まだまだ好きが止まりません。

 

でもライブ円盤はあと3つ…これも…早い…。