きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

ちはやぶる、ぶるっ、ぶるっ

0時に配信開始されました『FLASH』はきっちり0:00にアイフョーンの前に正座して購入ボタンをポチっとなしました。アルバム初回盤に収録されるのだから別に買わなくたっていいのだけれどわたしのこの火照った興奮がどうにも収まりがきかなそうなので心の赴くままに手に入れていました。のっちさんも興奮してますし!!!!(???)

 

フルサイズのFLASH、本当に美しいです。かしゆかのソロが何十回聴いてもシビれてシビれて仕方ありません。のっちさんのソロもなんと美しいことか。真っ直ぐで透明感の増した歌声にドキドキしっぱなしです。あ~ちゃんの2人と馴染む歌声も、気持ちよくて心地よくて“最っ高”ってヤツです。

 

こうして歌声のことをあーだこーだ言える曲になってきたのは、ystk氏のPerfumeに対する声と音の趣味が単純に変わってきたのかなと勝手に思っています。

 

声は、様々ある個性の中でも最も確立された唯一無二の個性だとわたしは思っています。誰一人として同じ声は存在しなければ似ていたとしても人となりで変わる、そういう鼻をつまみたくなるほど臭い人間臭さが現れに現れた個性が声だと信じています。

 

なのでわたしは声に猛烈に惹かれます。いや外見もですけどね…!へ!(´>ω∂`)

 

そんな、声を生かした曲をPerfumeで聴けるというのはつまり、わたしにとって極上の幸せなのです。世界遺産級の芸術。人間国宝Team Perfume

 

ところで、FLASHの歌詞で気になるところがありまして。歌詞はDL購入だと手に入らないので空耳ができるのは今だけという、楽しみ方のひとつとして捉えるとして…どうしてもそうとしか聴こえなくて困ってる空耳歌詞が、

恋ともぜんぜん 違うエモーション

本当にそれだけなの

(作詞作曲 中田ヤスタカ Perfumeの『FLASH』から引用…?)

とある方はFightの前線 違うエモーションと耳コピされていました。きっと後者が正しいのだと思うのですがどうにもこうにも。

 

千早のかるたに対する…もとい、新に対する想いは“恋”のようでいて恋ではなく、ただただ真っ直ぐ新とかるたがしたい、太一と新と3人でまたかるたがしたい。千早はこの言いようのない感情を心にずっと抱いているのかな、と随分前に原作を読んで思っていました。

 

なので、この空耳が聴こえたときなんて美しい表現をするのだろうと思い何の疑問にも感じませんでした。凄く刺激的でいて、前衛的かつ遊び心に溢れた最高にクールな歌詞だと信じてました。きっと違うんでしょうけれど。

 

本当の歌詞はどうなっているのでしょうか。先ずは映画が楽しみです。

 

【2016年3月17日 0:30 追記】

5時間かけて歌詞の聴き取りをがんばっていたところ、歌ネットさんで既に歌詞が公開されていて情報の遅さと恥ずかしさで溶けました → http://www.uta-net.com/song/203491/