きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

SONICMANIA 2017 - 『Perfume』の感想を書く

初めてのソニマニ、初めてのオールナイトライブ、今帰宅後6時間の睡眠を経てこれを書いています。ソニマニ、これはとんでもないフェスでした。クラブもレイブ知らない声アニキモオタですから当然驚きの連発でしたし。こんなディープなフェスのラインナップにPerfumeさんがいることが超ヤバいことなんだと身をもって実感しました。そんな風に感じたいきさつをぐだぐだと羅列していきます。

 

Perfume

セットリストはスタッフブログから引用します。

SET LIST
M01 FLASH
M02 GLITTER
M03 Miracle Worker
M04 『SONIC MANIA 2017』スペシャルメドレー
ポリリズム →Spring of life → Cling Cling →NIGHT FLIGHT
M05 SEVENTH HEAVEN
- 「P.T.A.」のコーナー -
M06 FAKE IT
M07 ワンルーム・ディスコ
M08 If you wanna
M09 TOKYO GIRL

 

Perfumeさんは3つあるステージの中で最も広いMOUNTAIN STAGEのトップバッター。スタートは22:00。わたしは開場時間に入場できたので、センターの最前柵から3列目を確保。周りはきっとプロのPerfumeファンの皆さんかと思いきや、Tシャツを見るとカサビアンファンもいる。しかも綺麗な女性。圧縮あるけど大丈夫なのかしら、と、フェス経験たったの2回でもう得意顔してる自分がいました。

f:id:ocha00:20170818203756j:plain

 

時間になるとオリジナル?の出囃子が鳴り、フロアが一気に沸く。ドキドキする。Perfumeの3人に会うのは6月のぱふゅふぇす以来なのにドキドキする。3人がステージに現れ中央にフォーメーションを組むと、スッ…と息を合わせるかのようにFLASHの構えができあがる。そこからもう入ってるんだ、と感じました。ステージに1歩踏み出せばもう、最強のPerfumeが出来上がる。感動。鳥肌。でもヤバい、FLASHから来る…いきなり体力80%分のパワーぶつけてくる!とこちらも身構えているとFLASHのイントロが鳴り響きオタも非オタも声をあげる。と、同時に想定していた圧縮が想定通りグワッ!!!と来て、あらあら皆さん、気持ちが口から前に出ちゃってますよ、はっはワロス。と笑えて来るほど。フェス経験たったの2回でまた得意顔してる自分がいました。

 

そしていつの間にか2列目に来ていて、よりステージに近くなり3人の全身も見られれば表情までよくわかる位置にいました。これは堪らない。やはり前の方に来てよかった、間違いなかった、そう思いました。CDJ1617の時はハンパに10列目くらいに居たのでモッシュのような波もあれば圧縮もあったりでぐるぐるぐるぐるしてましたけれど、いっそのこと柵から3列目まで来られれば後ろからは押されるだけで横に流れたりすることも無くなかなかマイペースに楽しめました。もちろん視界を確保するための運(最前の人の背が低いとか)や、ぎゅうぎゅうの中でもバランスを取れる体力があるかによってそのポジションが楽しいものとなるかただの地獄と化すのか分かれる部分はありますが。フェス経験たっ(ry

 

続いてはGLITTER(ライブmix?)。テンションが上がって声が出ました。まさか見られるなんて。3人もテンション高く自由に跳ねていて、うわ!興奮!最高!と思って見惚れていると、フォーメーションが組まれて振りが始まるところであ~ちゃんはイントロの振りではなくいきなりAメロから入ってしまったようで、おっとー!違ったー!みたいな感じになってました(笑) あ~ちゃん(笑) 超可愛い(笑) その後すぐに照れ笑いをしながら軌道修正できていましたので、それも流石だなと思いました。だってフェスごとにセットリストを変えたり新しくしたりライブ毎に振りのバージョンがある訳ですから。わたしは生ものと思って寧ろそれを楽しんでしまうくらいに思っているので逆に見られてラッキーでした。

 

そして待ってましたのMiracle Worker。また喜びの声が出ました。やってくれたぜ!他のフェスでは曲調のテイストの違いから?時間調整が必要になった場合いまだNo.1除外曲のミラコゥなようなので(笑) やってくれて本当にテンション上がりました。なんてったってもう~大好きですから!周りもテンション上がってるようで起こせミラコゥからの爆盛り上がりは相当なものでした。その中でも最もアガったのがアウトロの“起こせミラクル(ドゥン!てーれてーれてーれてって)”のゆかピーシュはもちろんのこと、のっちさんが顔の角度をクンッと変えて超妖艶な笑みをこちらに向けてくれた時、興奮で鳥肌が立ちました。あれはヤバい。凄くセクシーでした。ヤバい。

 

・MC

もう3曲にして体力をほぼ使い果たしてしまったので、MC待ってました、という感じでした。とにかくぐちゃぐちゃだったのであんまり覚えていないのですが…

 

あ~ちゃん「ソニマニは他のフェスとは違う魅力があることを私たちも感じていますので、セットリストも気合入れてきました。もう私たちもギリギリです、よろしくお願いします」

 

のっち「ソニマニ!」

\いぇーい!/

のっち「盛り上がってますか!」

\いぇーい!/

のっち「今日楽しみにして来た人!」

\いぇーい!!!/

のっちPerfumeより楽しみにして来た人!」

\いぇーい!!!/

のっち「嘘だね!私の方が楽しみにして来たもん!」

\のっちwwwwwww/

 

のっち「へっへへ、いや、皆も楽しみにして来たよね、えーと、今日仕事終わってから来たよって人!」

(はーい。周りを見ると結構な数の手があがる)

のっち「うっわ…!さいっこう…!素敵ぃ!…じゃあ~結構飲んでる人も居るんじゃないですかー?えーと、そしたら今夏休みって人!」

(パラパラ手があがる)

のっち「もう飲んじゃってんだろ!」

と、何故か酒を呑んでることを刺してくるのっちさん…。するとゆかちゃんが横からスススッと現れ

 

かしゆか「もう飲んでる人!(大きな声)」

\いぇーい!/

のっち「くぅ…!(ゆかちゃんの横でゆかちゃんに向けて顔を両手で覆い、おっきい声一生懸命出してるゆかさん可愛すぎる…!とでも表現するかのようにステージ上で悶えるのっちさん)はぁ…、まぁもうみんな20歳過ぎてるもんね…」

と言いながらしれ~っとドリンクを飲みにステージからいなくなるのっちさん。

 

かしゆか「ソニマニ!!!(かなり大きな声)」

\いぇーい!!!!/

かしゆか「えっと、Perfumeはソニマニに出るのが2015年振りなんですけど」

ざわ・・・ざわざわ・・・

かしゆか「久しぶりなんですけど…え?な、なんかざわついてる?え?なんか間違ってること言っちゃったかな…?自分の情報すら曖昧な人なんで、、前の振り付けとか直ぐ忘れるし」

\あはははは/

かしゆか「2015年だから2年振りのソニマニになるんですね」

って、ゆかちゃんは何も間違ったこと言っていないのになんで会場がざわついたのか終わってからインターネット各所で様子を見てみると、どうやら「2015年振り」という表現が、“SONICMANIA 2015に出てから2年振りの出演”ではなく、文字通り“2015年間もの時を経て今日の出演に至る”と捉えられていたようでデーモン閣下もビックリだよゆかちゃん…なことでざわついていたらしい。わたしは何の疑いもなく前者で捉えていましたのでいやいや、わかるでしょ!(笑)と、ゆかちゃんをフォローしに行きたい気持ちでそこそこでした。

 

あ~ちゃんは首冷やすタオルや~つ(白)を装備して登場。

あ~ちゃん「今回のソニマニは日本人アーティストとして出てるのが電気さんと私たちの2組だけなんですよ、もうほんとに光栄です。それでさ控えのところも凄いんよね、隣、KASABIAN

\おおお~~~~/

○○なら俺の隣で寝てるけどみたいなノリで言うあ~ちゃんがおかしくて笑う。

あ~ちゃんパーティション、カーテンで仕切られてるだけなんよ、ほんで着替えるときにおっとっとっと~ってなって『あ、すみませんっ!』って見たらKASABIAN~!?ってなってな」

のっち「ビックリしたよね」

あ~ちゃん「じゃ~あ、みんなでひとつになるためにチーム分けをしたいと思います。ゆかちゃん『パー』、のっち『テー』、真ん中のみなさーん『ション』!」

のっち「うはは!!」

あ~ちゃん「パーテーション!」

\いぇーい!/

あ~ちゃん「パーテーション!」

\いぇーい!!/

あ~ちゃん「パーテーショーン!」

\いぇーーーーい!!!/

 

あ~ちゃん「みんなKASABIANも観て、ORBITALまで観てくんでしょ!?じゃあ私たちはその箸休めとして楽しんでもらえればと思います」

いやいや!その箸休めに全力で来てますから!!しかもその箸休めが既にフロアあげきってますから!!え!と、心の中でツッコミまくっているとフォーメーションを組み始める3人。

あ~ちゃん「盛り上げるためにメドレー作ってきました、じゃあポリリズムから」

 

しゅ~~、カッ!と、ポリリズムのイントロが流れ振りが始まったと思ったらゆかちゃんがフライングしてしまったのか、顔の位置をくりん!と戻して照れ笑いをしてました。またか(笑) 今日多いな(笑) 楽しい(笑) と、最近ではなかなか見ることが叶わないポリリズムからスタート。大きな音で聴くポリリズムはなかなかの迫力で、リリースから10年経った今でもまったく色褪せない。ロックやEDM系ばかりが集うこのフェスで再開したポリリズムは、わたしが10年前に初めて聴いたときに受けたあの衝撃と同じ衝撃が全身に走り感動して鳥肌が立ちました。

 

そうして全員でクラップする間奏部分の途中でまさかのSpring of Life(Album-mix)が食い込んできた!!!お立ち台に立ってあのキメキメのカッコイイ振りをクールに踊りこなす3人をこの目で見ることができるとは!!!DOME LEVEL3を見てから羨ましくて羨ましくて羨ましくて仕方のなかったあのSoLを!!いやでも少しショートにしてあり、1コーラス終わると間奏へと移り座ったあ~ちゃんを2人が引き上げるという振りで絶対故障だ~みたいな感じになってなんとCling Cling(Album-mix)がキターーー!!!!これが噂の繋ぎかーーー!!!ともうテンション上がり散らかしました。めちゃくちゃカッコいいんだコレが!!!ピックミー→クリンも死ぬほど好きですが、スプリング→クリンも超好きになりました。最後はNIGHT FLIGHTで〆。

 

少し静寂が訪れるとSEVENTH HEAVENのイントロが優しく響き渡り、メトロックでも聞いた悲鳴のような喜ぶ声がそこかしこから上がりました。わたしも。まさか今年、2度も七天が聴けるなんて、もう夢のようでした。あーもうやっぱ今死んでもいいなーって。悔いのないようにライブに行くと、こんな贅沢な気持ちになるのかーって。こんなこと初めて思いました。MIKIKO先生は明日Perfumeが終わってもいいと話していたように、ファンも明日自分がファンじゃなくなってもいいと思えるような気持ちでライブを楽しめたら最高だなって心から思いました。

 

曲順を書き出してから特に書いていませんがわたしはもうこの時点で息も絶え絶え。上げた腕は下げられないのでずっと上がりっぱなし、3人の姿を捉えたいから首は上に向きっぱなし、横から肘で肋骨を押されてるし、足は踏み場が無くてずっとつま先立ち、汗で全身はびしょびしょ、前後左右の人と汗を擦りつけ合ってしまうくらいの密度、薄い酸素、まるでサウナのようで全く下がらない体温、周りが跳べば自分の体も動いてしまうので休むことが許されないような圧縮、それでもマイペースに誰よりも楽しんでやると思って全身全霊を尽くす。そんな状態です。だから、このまま消えてしまっても構わないやと不思議なくらい思えます。きっと、3人はもっとキツいはずだから。見ていてもそれがなんとなく分かる。

 

そんな時、後奏で向かい合って楽しそうに笑う3人を見ると直ぐ幸福な気持ちになって笑顔になってしまうし、そうやってのっちさんを見ていたら、見たことないくらいの満面の笑顔をこちらに向けてくれていて、ビックリしました。コンタクトを変えてからお客さんの顔が見えるようになったと話していたのっちさんが、本当にこちらを見ているような感じで笑顔を見せてくれていたので、のっちさんってこんな顔するんだ…と、わたしの中ののっちさんが更新されたような気分でした。

 

・「P.T.A.」のコーナー

これはいつも通り男子女子そうでない人眼鏡コンタクト裸眼Tシャツ着てきた人パフュームTシャツソニマニTシャツセイホーオ→旧はみがきのうた、そして新はみがきのうたの2種をプレイ。

 

この時、新はみがきのうたをあ~ちゃんが説明している最中、のっちさんをずっと見つめていたのですけど、のっちは歯磨きをするジェスチャーをずっと1人勝手にやっていて、好き放題お客を眺めている様子でした。のっちさん可愛すぎかよ。そうして見つめ続けていると上手にできたことを褒めるかのような身振り手振りと笑顔をこちら側に向けてくれて胸キュンが止まりませんでした……、のっちさん…好き…(ポッ)

 

ただ驚いたことにサバイバルダンスとウルトラソウルをやりませんでした。こんなこともあるんですね。違和感と称するほどではないですが、あれ?とは思いました。ソニマニ用に変えてきたってことでしょうか。

 

あ~ちゃん「OK、じゃあ行きます!FAKE IT!!!」

と、あ~ちゃんのコールでフェイキがかかると3人ともまた自由にステージを跳び回り、ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!と煽ってきます。うはは!フェイキキター!たーのしー!と思ってジャンプしながらステージを見ていると何やらステージ中央前方にあるハンドマイク置きにマイクを慌てて取りに行く3人、お立ち台にも上らないといけないようで急いで駆け上がります。そして3人照れ笑い。またか(笑) てんてこまいまいまい(笑) 可愛い(笑) と、恐ろしくレアな日に居合わせられたんじゃないかと段々ワキワキしてきました。

 

続くワンルーム・ディスコもめちゃくちゃ楽しくて。でもこれ、さっきまでミスと遭遇してはまたか(笑) などと笑って楽しんでいたわたしですが、ここでは全く気が付かず。なんとあ~ちゃん、ヘッドセットワンコということを忘れて?ハンドマイクを置き忘れて始めてしまったようで、メンバーと顔を合わせたときに「うわ!?」という顔を互いにしあったそうで。ただ始めてしまった以上止められないのであ~ちゃんだけハンドマイクワンコでやり切っていたとか。全然、まーったく気づきませんでした。いつものワンコでした。ちっともわからない。なんか笑ってんなー3人、ああー可愛いなーチクショーくらいにしか思ってませんでしたから。それくらい、違和感のないパフォーマンスでした。大丈夫やったで、あ~ちゃん!

 

そして次の曲では馴染みの少ないフォーメーションを3人が取り、曲がかからずに照明がつくと

あ~ちゃん「……ミスはライブにつきものです。ライブは生ものですから。えー…、8月30日に、リリースされる私たちの新曲『If you wanna』があるのですが…その楽曲を今日、やりたいと思います。…『If you wanna』」

 

なんのトラブルなのかはわかりませんでしたがあ~ちゃんが機転をきかせて間を持たせていました。こういう時のあ~ちゃんってなんかカッコいいです。いつもカッコいいですけど。肝心の振りですが、乗りたくなるような、真似したくなるような、オシャレでカッコいい振りとだけ書いておきます……。説明が、難しい! 

 

そしてあっという間に終わり、

あ~ちゃん「あっという間だったでしょ、2分40秒しかないけんね……。では、次がラストの曲です、また会えますように」

あ~ちゃんがそう言うとTOKYO GIRLがかかり、しっとりとした余韻を残してPerfumeはステージを終えました。

 

チョコレイト・ディスコ、やらなかった、そんなこともあるんだ。さっきもそんな風に感じた変化に少し驚きを覚えました。ソニマニだから違うのか、それとも今後もこうして変化をつけながら新しい形を模索していくのか。わたしは、凄く良いと思いました。上品な足跡を残していくような雰囲気が今のPerfumeに合っているような気がして。

 

フェスの生身だけで最強Perfumeの更にその上のソニマニPerfumeは、ひと味違う。最強で最強のPerfumeを全身で感じ取ることができた、そんなステージでした。

 

余談ですがPerfume後はタイラーメンを食べてショバリーダーワンで衝撃を受け、カサビアンを少し、電気で弾け跳び、!!!を1曲見た後に猛烈な眠気が襲ってきたのでいちごけずりを食べボーっとしてからラストのオービタルをのちサイドスピーカー前で爆踊りしてオービタル良すぎる!と新しい扉が開きそうになったところでわたしのソニックマニアが終わりました。

f:id:ocha00:20170819185535j:image

来年もまたもしあるなら、Perfumeさんが出なくても行こうかな…?

 

さ、全身ボキボキで地面を這うようにしか動けないくらい身体が動きませんが今夜はアミュフェス、シブヤノオトフェス、MIKIKO先生のSWITCHインタビュー視聴がありますね。鬼楽しみです。