読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

PerfumeのカッコイイにはMIKIKO先生が

MIKIKO先生の情熱大陸見ました。涙が出ちゃったり、感動したり、心配したり、鳥肌が立ったり忙しい時間でした。

 

放送前はきっと、「恋」やリオのパフォーマンスについて描かれるのだろうなと思ったら涙が出そうになるほどPerfumeMIKIKO先生でした。わたしはPerfumeさんのインタビューなどを追う上で必ずといっていいほどMIKIKO先生の名前を目にしましたし、3人のMIKIKO先生を慕う、敬う、憧れる絶対的な強い気持ちもただのファンながら感じてきました。逆にMIKIKO先生が3人のことを人として女性としてパフォーマーとして愛で、敬い、大切にしていることも感じていました。

 

それが今回、忠実にMIKIKO先生にカメラを向けることで見えるPerfumeの姿もあれば、3人が居ないところでどれだけPerfumeのために注力しているか、または自分のやりたいことをどれだけ浄化しているのか。インタビュー記事やメイキング映像で感じ取っていた上記のような色々はもちろん、演出振付家としてどう動き回っているのかがとても丁寧に伝わってくる情熱大陸でした。

 

Perfumeが愛されていることは特に伝わってきましたが、あそこまでのライブへのこだわりにはPerfumeのファンも愛されてる、恵まれてるなとまで思いました。かなり前のインタビューでファンが堂々とPerfumeファンと言えるようにしたい、と仰っていました。正に、です。

 

わたしがPerfumeを好きになるまでは、「Perfumeファンってなんかカッコイイ」と思っていました。ファン層は絵に描いたようにバランスよく老若男女で奇跡のグループだとも思っていました。なんならPerfumeファンというステータスがありそうなくらい。つい友人に、Perfume聴いてるんだへっへへ!と言ってしまうくらい。

 

実際に輪の中に入ってみるとそのカッコよさはより一層感じられましたしほとんどのファンがPerfumeとチームPerfumeをとても尊敬している。その空気などをライブやネットを通して感じて心から感動したものです。アイドルにここまで熱く純粋な目を向けているファンも珍しい。意図された真意を汲み取ろうとする眼差し、骨まで酔いしれようとする身体、メンバーの言葉をなるべく全て受け取ろうとする心。掟を終え先生に良かったねと声をかけるあ~ちゃんの声にほんのり目を潤ませるMIKIKOさんの目、そのやり取りに湧くファンの声を見て聞いて、こういう空気を長い時間をかけて、3人とMIKIKO先生とチームPerfumeで作ってきたのだと、改めて感じました。

 

Perfumeを美しくカッコよく魅せることはチームPerfumeも、Perfumeファンすらもカッコよく見せる。凄すぎて、賞賛と感謝の念が溢れ出ます。それ故の多忙はただの他人が心配してしまうほど…なのでどうかご無理されませんようにと願うばかりです。

 

はぁ、しかし、恋ダンスを教えてもらう3人が本当に可愛かったなぁ…ポワワ(結局)

 

下ネタへのリアクションも三者三様

Netflix版のパンセはCMの切れ目や加工なく右上の広告やパンセのロゴもなしで見られるのでもし商品化されないのであればかなり貴重なのではないでしょうか。もちろん是非ともBD化はして欲しいですが。NG集や収録裏側、前後編3人のオーディオコメンタリーなどあれば8000円くらいでも買いたい今日この頃。

 

さて、今宵もほにゃららほにゃららで動画漁りなどをしているのですがVOICEの頃のザ・ミュージックアワーという番組と出会いまして、そちらを視聴してみますと声を出すほど笑ってしまいました。特に下ネタへのリアクションが三者で異なっており、非常に新鮮でもあったたため興味深く思いながら爆笑してしまいました。

 

まず最初にタイト目なスカートの衣装をお召しのあ~ちゃんが椅子に座ることにより出現してしまう奇跡のデルタを手で覆う仕草が気になって気になってドキドキしちゃって仕方がなかったのですが、そんなあ~ちゃんが楽しんごさんを目の前に可愛い~などと実に可愛らしいリアクションをしていました。

 

しかし、わき毛のくだりから楽しんごさんの股間を石橋さんがスタンディング電気あんまするネタシーン(あんまりやらないネタ?)になると、その光景を目の当たりにした3人がそれぞれ、あ~ちゃんは2人分後ろに遠ざかり更に後ろを向いてちょっと苦めに笑う、ゆかちゃんは横を向いて横目で見ながら笑う、のっちは体を横に向けながらも顔はしっかり楽しんごさん側に向けられめっちゃ笑う、という面白いくらい3パターンに分かれ笑っていました。実際その後は3人ともこの下ネタにどうリアクションすれば良いのか困ったように後ろを向いたり横を向いたりクルクルクルクルしててそれはそれは可愛かったです。

 

更に面白く感じたのはわたしがこれまでの時間で3人から得た情報とイメージ通りのリアクションだったので、3人はほんとにありのまま、このままなんだなと妙に感激感心する下ネタシーンとの出会いとなりました。あ~ちゃんはとても苦手でのっちは得意でゆかちゃんはむっつりスケベさんなんだな!(???)

 

それともう一つカジュアルな下ネタの流れとして2013年5月27日放送分のポルノ兄さんのANNにPerfumeさんがゲスト出演した時の一幕

 

---

 

あ~ちゃんオールナイトニッポンだーいすきなんですよ」

昭仁さん「あそう」

あ~ちゃん「ほんまいい思い出しかなくて、よくして頂いたことしかないんで」

昭仁さん「誰によくしてもらえたの?」

あ~ちゃん「なんか色んなスタッフさんとか」

昭仁さん「うん、福山さんとか?」

あ~ちゃん「なんか、えらs、えろい、いら、偉い担当の」

ゆかちゃん「ふっはは!!」

昭仁さん「今ね、一番噛んだらいけんとこね偉いとエロいは」

のっち「ははは!」

あ~ちゃん「ひひひひ(照れ笑い)」

のっち「一回、やらしてもらったんですよPerfume

昭仁さん「やらしてもらった…?」

ゆかちゃんPerfumeオールナイトニッポン

昭仁さん「偉い?エロ?」

ゆかちゃん「違います(笑)」

のっち「ちが、だっは!」

あ~ちゃん「番組をね!番組をやらせてもらったんですよ!」

昭仁さん「だ、だって(笑)」

ゆかちゃん「お兄さん!」

昭仁さん「だってそうだもん」

ゆかちゃん「おにーさん!!」

昭仁さん「流れがそうだもんはい」

あ~ちゃん「(笑)」

のっち「(笑)」

ゆかちゃん「(笑)」

 

---

 

フォローのつもりののっちがナチュラルにヤバい方へ加速させた部分で腹を抱えて笑いましたがその後お兄さん!と声をあげる戒めゆかちゃんにわたしも思わず姿勢を正してしまいました。やはりゆかちゃんは下ネタに柔軟なのでしょうか。いやそんなんどうでもええわ。

 

それにしてもインターヌッツォ上級者ならば教えてエロい人でお馴染みの言いまつがいを地でやるあ~ちゃんには平身低頭します。のっちは噛み様の称号をあ~ちゃんに押し付けてもよろしいかと思いますの。

 

ああ、下ネタに困るPerfumeさんも、くーっ、可愛いっすねぇ……!!!

 

WOWOW Perfume Day!!!

特別番組「Perfume Day」WOWOWライブにて放送決定!!|Perfume Official Site

 

(゚O゚;!?!?

 

番組では、Perfumeの活動シーンを中心に、そこに携わるさまざまなアーティストや関係者の証言を交え、Perfumeの今に迫ります!! 是非ご期待ください!!

 

この宣伝文句の熱さ、期待せずにはいられません。チームPerfumeから語られるPerfumeの姿を目撃することができるということでしょうか。わたしはPerfumeさんのことしか考えられなくなってから様々な価値観が変わり、周囲の人間が証言することで見える新たなPerfumeの精神や姿勢を知ることに嬉しさや興奮や感動を覚えるようになりました。それは声優業にも言えることではありますが、3人の人間性だけは誰とも似つかない。真似が出来ない。尊敬が止まらない。その熱くてあたたかい3人の存在は、どんなものよりも夢中にさせます。永久保存必至。……ですよね!?

 

それからパンセの配信情報も更新されていましたね。→テレビ東京 ドラマスペシャル「パンセ」初主演 決定!!|Perfume Official Site

 

Netflix (ネットフリックス)にて、独占配信が決定!! NEW!!

Perfumeが初主演をつとめました、テレビ東京ドラマスペシャル「パンセ」ですが、多くの反響をいただいたことや、
見られない地域の方々の熱い要望にお応えしまして、この度、Netflix(ネットフリックス)にて、独占配信が決定いたしました!!

    配信サイト:Netflix(ネットフリックス) https://www.netflix.com/jp/


    配信期間:2017/4/19(水)~ 1年間(予定)

※配信期間は変更になる可能性がございます。
※配信は日本国内限定になります。

 

ということなので、早速スマートフォンで開いてみました。

 

f:id:ocha00:20170420153719j:plain

うおおおおおおおお!!!

 

f:id:ocha00:20170420125003j:image

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお星5つにしておきました(影響あるのか…?)

 

わたしが好きな声優の樹里さんもNetflixオリジナルアニメーションにご出演されていましたので偶然、丁度良かったです。

 

出演: あ~ちゃん, かしゆか, のっち

この文字も、ほんのり胸を熱くさせます。普段引きこもってNetflixからB級映画やドラマを漁ってる身としてはなんだか、なぜだか、嬉しいです。この文字の並びが。

 

でもどうでしょう。少し奥の方まで探しにいかないと見つからなかったので、新しい層へのアプローチと言うよりかは、本当に単純に視聴不可地域のファンへの配慮だと思いました。アニメも好きなわたくしですがファンの声だけでファンの為に動いてくれるこの度の色々な対応はやっぱりどう考えても凄いことな気がするんです。

 

さて、これの視聴数が伸びれば或いは……!?

 

チャリ買ってて…に対しての笑い方、三者三様

手放そうと思っていた自家用車が予定より早くお陀仏しそうでいっそ挑戦してみたかったロードバイクを買ってしまおうかと焦っています今日この頃。タイムリーなことに昨夜のLOCKS!ではチャリが3人の笑いのツボとなっていたようです。

 

---

 

あ~ちゃん「もしもし、名探偵ちょーなん君ですか」

名探偵ちょーなん「あ、あはいそうです」

あ~ちゃんPerfume LOCKS!です!」

名探偵ちょーなん「あふ、ほんとですか?」

ゆかちゃん「本当ですPerfumeですう」(←この返答をするゆかちゃんが死ぬほど可愛い)

あ~ちゃん「春の運試し逆電で電話させてもらって、3コールで出てくれましたー!」

のっち「ありがとー!」

ゆかちゃん「幸先がいい~!」

あ~ちゃん「私こんなに早いの初めてぇ!ありがとねぇ!」

ゆかちゃん「ちょーなんありがとぉ」(←ゆかちゃんがめちゃくちゃ可愛い)

名探偵ちょーなん「いま、チャリ買ってて」

ゆかちゃん「ごめん、ごめんごめん外?外?」

あ~ちゃん「自転車買ってんの?(笑)」

のっち「チャリ買ってた……??ははははは!!!!アハハハハハ!!!!!!

 

---

 

 

 

 

 

ゆかちゃん冷静(笑)

 

 

 

あ~ちゃん傍観(笑)

 

 

 

のっち笑い過ぎ(爆)

 

 

 

 

 

(爆)とか数世紀ぶりに使いましたけどほんと、こののっちさん、気持ちいーくらい爽快で痛快な笑い声を響かせていました。実にラジオ的な笑い方で。マジ笑い。マジ笑いしてるから背もたれに思いっきりもたれかかって後退して身体反らせて全身で笑ってるレベルのマジ笑い。そのお蔭でのっちの笑い声だけ若干遠くの方から聞こえていたのでこれ本気で笑ってるヤツだと分かって、その本気笑いしてるのっちがおかしくて更にわたしが笑う爆笑の無限ループです。

 

いつも笑ってる3人だと思いますけれど、ここまで笑ってるのっちはかなり珍しいのではないでしょうか。笑い方も段階があると思うのですが、それが今回のはツボに入った時の最上位の笑い方のっちさんだと思うんです。聞いてるこっちがスカッとするような本当に気持ちのいい爆笑の仕方で。いやぁ、初めて聞きました。ラッキーでした。のっちの笑い声があんなに気持ちよくて面白いなんて。チャリ買ってるって言っただけなのに。どうでもいいくらいの話なのに。

 

はぁ、爆笑で幸せなひと時でした。

 

ライブまでの時間、どう過ごしますか

わたしは今のところ幕張3日間のライブにのみ参加する予定なので、ライブまでの空白の期間をどう過ごせば良いのだっけと迷子になっています今日この頃。年始以降は毎週タラレバTKGリリースに伴うテレビ露出雑誌インタビューパンセ放送CEツアー円盤リリースと、なんだかんだでお祭り続きだったのでここに来てぽわぽわとしてしまっています。昨年はどう過ごしていたのやら。

 

しかし、Perfumeさんへ興味を抱く気持ちって良い意味でフラットで、お金を使いたいって気持ちも良い意味でも悪い意味でも波があります。女性声優を追っていた時は、まぁカクカクシカジカあるのですがわたし1人が応援を止めるということはなかなかリアルに数字に響くことがありますし、わたしがご本人様へ媚びを売る意味もありましたのでここで止めてしまってはいけない…!という妙な義務感がありました。でもそこには単純に純粋に声が好きだから、その人自身が好きだからご出演されるコンテンツに好きでお金を出す、という大前提の気持ちがありました。ですから同じCDを25枚買ったこともあります。応援に下心を込めながら。

 

Perfumeさんへはそれがないです。そもそもそういうステージがないというのもありますが。強いて言うなら先日感じた、リリース時期に店頭へ出向き下心を丸出しにしてあ~ちゃんとエンカウントして卒倒したい、というくらいでしょうか。わたし1人が応援を止めることに対する要らない義務感はないですし、寧ろわたしがお金を出さなくても他の人がお金を出すでしょうと甘える気持ちすらあります。というか奪い合いの世界ですからどちらかと言えばお金を出させて下さい!!お願いします!!!というコンテンツと言っても良いと思います。欲しがらないと遠ざかるだけ。

 

ラジオメールでは認知して欲しいという気持ちが1mmありますが、それも本当に1mmだけです。認知厨なあれこれは女性声優のイベントで散々やらかしましたので、ライブで顔を覚えてもらいたいという気持ちは本当に無いです。いえ、正確には醜悪なキモオタ容姿なので見て欲しくないくらいです。

 

さて、話が逸れましたが6月までどう過ごせば良いでしょう。きっと今年行われるはずのダンスコンテストに向けてMagic of Love辺りのダンスでも練習すればいいでしょうか。うーん。あとまだWT3とP10を手に入れていないんですよね。うーん。クリップスやライブ写真集ドーム写真もまだなんですよねうーん。読みたい音楽と人やその他のインタビューも山ほどあるんですよねうーん。