読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

「Perfume スペシャルプログラム ~collaboration~」を見てまたPerfumeが好きになりました

社畜だから疲れてるし時間ないしアニメ見たいし過去のパフュ動画見たいし録画はするけどPerfume DAYに1日付き合うことはないなぁ~と思って14:00にBSアンテナをセッティングして、14:25にはうっかりWOWOWライブにチャンネルを合わせてテレビの前にいました。病気だな、と思いました。

 

さて、このたび企画された「Perfume スペシャルプログラム ~collaboration~」という番組は、Perfumeも、Perfumeが好きな人たちも、この番組を作っている人たちもみんなが楽しい1時間になっていたなと感じました。

 

Perfumeをよく知る人、昔一緒に仕事をしていた人、タイトルはわからないけれど曲を知っている人、誰かと一緒に遊んだことがある人。同じ業界にいる人間が語るPerfumeの姿は、わたしが過去を追いながら知った姿そのままであったり、知らない話だとしてもやっぱりそんな感じなんだ、と納得するような話ばかりでとても心安らぎました。

 

特にMIKIKO先生のインタビューを見つめる3人の横顔は、誰のものよりも真剣な眼差しで、MIKIKO先生がしゃべる呼吸に合わせるように打つ相槌まで同じタイミングで、かけられた言葉への受け取り方は、あ、小さい頃から先生の前ではこんな風なんだなと思うようなリアクションで。こりゃあ愛しいわ、と思いました。

 

「先生の振り付け踊れんのほんま幸せ」と言っていたけれど、わたしはそんなあなた達を見られて本当に幸せ、と言いたいです。見られるだけで嬉しい楽しい大好き、って言いてっす。もしあなた方の世界に観客が必要ない世界だったとしても。

 

それから、今回Perfumeにコメントをおくった業界の方々は、まるでプロのPerfumeファンのような質問をしていたりしてその内容自体も凄く楽しかったですし、何よりそのVTRを見て笑って泣いて笑って、とずっと3人のリアクションを声や映像で見せてくれて、わたしはそれが楽しくて楽しくてたまらなかったです。

 

あと、これまできっと何十回も同じ質問をされてきたであろうことも嫌な顔一つせず当時に戻ったかのような新鮮さで話してくれる姿は最早アイドル界の野沢雅子(孫悟空の声優)のようでした。(?)

 

そしてこれを企画したWOWOWの人、Perfumeのことわかってるなぁ、Perfumeの何が見たいのか、Perfumeと何を一緒に見たいのか、何が見られたら楽しいのかわかってるなぁって。この間気づかせてもらった、3人の「関係」に興味がある人たちに向けた凄く愛のある時間で、最後のサプライズなんて正にチームPerfumeの所業じゃないですか。

 

驚いて、固まって、緊張して、動揺して、目が合わせられなくて、おどおどして、でも伝え合って、想いを知って、感激して。最高の3人が見られましたよね。登場の仕方は見てるこっちだってえーーーー!?!?ってなりましたし、3人と同じ体験をさせてもらえて、WOWOWさん天才かよ!って。なんて幸福な時間を共有させてもらえてるんだろうって心から思いました。

 

これだからPerfumeが好きなんだって、これだからPerfumeは面白いんだって改めて気づく時間で、もっと見たいのにって思わせるくらいの作り方もまた乙でした。

 

ということで…この番組を見られなかった方がいらっしゃるようなのでその方にも出来るだけ同じ体験をして欲しいと思いまして、あまりじっくり書きませんでした。書かなかったけれどもっとたくさん楽しくて可愛いPerfumeがいっぱいだったんですよ。へへへ。

 

…えっと……見なかったヤツほんとに大丈夫?

 

GLITTERのポーズ

仕事柄、文字に関わることがままありまして、そこでハッとしたことがありましたのでちょっと画像にしました。

 

Perfumeさんには振り付けやポーズに文字を形取ったニクイ演出があることを知ったのは最近でして、それも、へぇ~~って程度に流して見てしまっていたのですが今回気がついたのは「GLITTER」のコレです。

f:id:ocha00:20170527143723j:plain

有名ですね。氷結のCMであることに絡めた「氷」の字のポーズ。リリース時から解明されているものです。ただわたしのこれを初めて知ったときの受け取り方といったら……「っへぇ~!ほほー!おっしゃれー!かっくいー!ゆかちゃんだけ辛そう~!でも3人とも芯が通ってるかのように真っ直ぐですっげ~!」です。ユルい!

 

ですが今回気がついたのは、ちょっとだけ違う形でして。実はわたし、のっちのポーズにだけはなんかちょっとなぁ~とモヤっていました。しかし「氷」には旧漢字として「冰」という字もあるということを調べごとの最中に見つけてしまいました。なのでそれを当てはめてみました。

f:id:ocha00:20170527143813j:plain

 

ふうわ!

 

美しっっ!!

 

文字を当てはめながら、3人の位置関係の美しさに思わず脳汁をぶちまけるところでした。間隔も角度も芸術です。あまりに美しい。そして気持ちよすぎる。ポーズはポーズでアートですし、Perfumeがやっているのは人文字とはまた違うものだとは重々承知していますが「冰」の方がしっくりきてしまって大変おシビれいたしました。

 

氷の字は元々、氷が初めて氷結したときの様子の象形である「冫」と「水」から成る字だそうで。のっちの右半身がそのつじつまを合わせてくれています。

 

MIKIKO先生、知っていたのかな。いやぁ、偶然ですかねぇ。でもPerfumeのこういうのって、説明がないのが逆にいいですよね、わたし、好きなんですよ。考えさせてくれる余地があって広くって。でもその分辿り着けてないものも沢山あると思います。気づきたいんですけれどね…気づきたいんですけれどね…!!うーん!

 

ファンを喜ばせるのがお上手なんだから

今回ののっちのイチブはゲーム「NieR:Automata」のネタバレなしオススメレビューでしたね。わたしはファミ通を買ったのかな???しかもこれまでのゲーム回と比べたところ、ゆかちゃんはギリ話に乗っていましたが今回のあ~ちゃんの置いてけぼり感はずば抜けていました。これだからオタクは!

 

さ!そんなことよりつい先ほどPerfume Fes!! 2017のグッズ情報が公開されました。→『Perfume FES!! 2017』 GOODSを発表!!|Perfume Official Site

 

一覧引用します

《アイテム》
【1】白イロT size:S / M / L / XL / レディース 各¥3,000
【2】黒ピカT size:S / M / L / XL / レディース 各¥3,000
【3】タオル ¥1,500
【4】ロゴトート ¥1,000
【5】電気ヒカール ¥2,500
【6】どこでもPerfume測定器 ¥1,000
【7】チャットまとめるンチー ¥500
※価格はすべて税込です。

なんということだ……電気ヒカール…欲しい…。上手いですね、Perfumeさん。たぶん家でしか使えないのに…欲しいと思わされてしまう…悔しいっ。

 

そしてぱふゅふぇすくじ→

▲Perfume Official Fanclub 「P.T.A.」 Presents「全員当選‼ ぱふゅふぇすくじ」開催決定‼▲|Perfume Official Site

 

特賞のP.T.A.賞はなんとバックステージツアー。これは凄い。嬉しい。ただ3人には会えません赤字で1行目に注意書きされています。会えません。いいえ、構いません。眼前にすればきっと美しさにやられて絶命する自信がありますので逆に会いたくありません!!!!!!(ウソ!!!!!!)

 

少し話が逸れますが声優イベントでは会えるのが当たり前になってしまっているのでイベントに参加するモチベーションは最早“接近戦”があるかどうかなんです。大阪で出演作品のトークイベントありますよーと言われても“接近”できる時間がなければ遠征はしなくなってしまいました。昔は20分のライブの為だけでも大阪まで行けたんですけどね……。

 

しかし今のPerfumeさんはそういった概念がそもそもありませんので、本質である《ライブ》が見られるのなら可能な限り足を延ばしたいと思ってしまうようになりました。いつの間にかそうなってしまいました。まだライブに参加したことがなかった昨年の始め頃は、いくら素晴らしくたってライブは1年に1回行ければ十分っしょなどと考えていましたが、4回行ってしまいました。しかも名古屋と福岡に遠征して。今年は既に大阪遠征をして1回…幕張3回とソニマニ、行ければRIJにも…?ヒェッ…!!!

 

こわい。ううこわい。Perfumeこわい。認知もない、レスもない、握手もない、サインもない、直接会話もない、形にも残らない。それなのに高いチケ代を払って行ってしまう……あな恐ろしやPerfume七不思議……。

 

ということでわたしはFLASH賞狙いで祈ります。FLASH

 

WOWOW入ってないヤツ息してる?

ついうっかり凹んでしまってから気持ちを新たに切り替えまして。Netflixで東京空港管制保安部を見てぼくは航空管制官買おうかかなぁと思って過ごしたり、パフュ動画をまた漁ったり、過去の自分のエントリーを読み返して興奮が蘇って、また恥ずかしくなって、反省して、納得して。色んな気持ちになっていました。

 

さて……顔も知らない優しいおっさんの皆さまの、あたたかい言葉に救われてまたひっそりと始めようと思いエントリーした次第です。Perfumeのファンって、まるで3人みたいに優しい人たちばっかりなんですね。凄いな。凄く素敵な世界だな。

 

ということでまずは、潜伏していた期間にリリースされたニュースを整理しますね。一つ目は、

詳細が発表される前から永久保存級のニオイがぷんぷんしていましたがまさか中田ヤスタカ氏と対談とは予想の斜め上でした。WOWOW入ってないヤツ大丈夫?息してる?

 

二つ目は、

日本を代表する!エレクトロポップ!ユニット!Perfume熱いワードですねぇ!Perfumeが日本代表と言えるということは分かっていますが改めて書かれると熱くなっちまうな…!

 

ということでTwitterで、行きたいなぁと呟きましたら2015年のソニマニに参戦されたまったく知らん人から三途の川見えるよ(^^;) とリプライを頂きました。熱中症の危険性はもちろん…圧縮がヤバいんだとか。ほんなら、遺書用意して行かなきゃですね!

 

三つ目はAbemaTVで先日のメトロックPerfumeの模様が放送されました。物議を呼んだアレですね。そう、のっちさんがアウトロで上げる足を間違えてしまったアレ!(笑) というのとはまた別で……色々ありますがひと言で済ませますと、AbemaTV超ヤかもぉ~。

 

四つ目は、

3ヶ月連続放送!! METROCK 2017 | MUSIC ON! TV(エムオン!)

AbemaTVの件があるので金輪際期待はしませんが、有料でもいいんです、寧ろ有料でいいんです。映像で見て保存したいのだから。だって現場ではのっちのミスに気が付くことすらできないくらい魂が飛んでいましたから。ただ、ライトファンにはハードル高そうだなとも思います。わたしは自分がどの境界に居るかわかりませんが、以前、好きな声優が出演するスカパー!限定放送の麻雀大会を見るために機材をそろえて契約…!までには至りませんでした。でもPerfumeではあっさり環境を揃えてしまったんですよね。うわあ、Perfumeこわい。こわいこわい。

 

以上、こんなところでしょうか。

 

声をかけて下さった方、読んでくださってる皆さま、こんな風にゆるゆるやっていきます。よろしければまたお付き合いください。

 

MIKIKO先生とアヴちゃんの対談にPerfumeがいっぱい

今回の語リンピックでは、ポケモンGOに続いて3人一緒にハマってるリアル脱出ゲームについておしゃべりしていましたね。面白おかしく話しているのだけれど仕事仲間という感じで集まったのではなく本当にただただ一般的な、特別な意味もなく、Perfumeでもなく、《友達》同士で遊んだんだと伝わってくるような内容で、どうしてかわたしが幸せな気分になってしまいました。もちろんやっぱりPerfumeの3人だなとも思いましたが。のっちさんに友達がいたんだ…という自虐と弄りにも漏れなく爆笑した今日この頃です。

 

さて、先ほどMIKIKO先生がこんなコメント付きリツイートをしていました

 

その対談記事はこちら→女王蜂アヴちゃん×MIKIKO対談 「人」の力を信じる表現者たち - インタビュー : CINRA.NET

 

Perfumeが好きで音楽活動を始めたアヴちゃんとMIKIKO先生の対談とあらば、きっとPerfumeさんのお話もあるだろうという下心で読み始めましたがこれはとんでもない対談でした。のっちの例えようのない不思議な魅力を的確に言葉にすると正にそれだ!と激しく同意する。凄すぎる内容です。

 

して、読み終えてまず真っ先に思ったのはブログ書くの辞めよう、でした。てめぇのことかよ!なんですけどまぁまぁその先があるんです。自分がどういうつもりでPerfumeについて書いているかというとそれはPerfumeの楽しさや3人の人柄が誰かに伝わればいいなぁだったり、Perfumeから与えられた熱い想いを友達に話せない(友達がいないとも言う)代わりにインターネット上の誰かに話す。ように書いている部分が大半です。

 

ですから、アヴちゃんのPerfumeに対して語った言葉の選び方や例え方及び捉え方、MIKIKO先生のモノを生み出す姿勢、人の見方などまるで神々の対談のように見えこちらの姿勢が伸びるばかり。わたしは友達同士で話す程度のことをわざわざインターネットにドヤ顔で書いて、何をしていたんだと。あまつさえ自分の中身の無さ、言葉の無さ、知識の無さをガツンと思い知らされ、途端に自分がやっている全てのことが恥ずかしく思えブログを辞めようと思ったのです。このような人間がPerfumeについて書いてはならないと。

 

恥ずかしくて恥ずかしくてたまんねぇ。元が生きる価値のない死にたいが口癖の自殺願望で土台が作られてる人間なので、久しぶりにその土台が顔を表してしまいました。驚きました。でもそういう自分は心の中から絶対に消えないこと、自分は誰かになることはできないことをもう知っているのでこういう時の自分との付き合い方は心得ています。なんだか悔しいけれどアヴちゃんとMIKIKO先生のこの短い会話でいとも簡単に自分が出てきてしまったのでほんとわたしってカッスカスの人間だなぁ~と再確認しました(笑)

 

それと、このブログを読んでくれている人がいるかもしれない、という期待はプレビュー数を見て、ほんとかなぁ?全部リファラースパムのアタック数じゃないかなぁ?と疑いながらも嬉しく思ったりガックリしながら消化してだいたい1年やってきました。その疑う気持ちはコメントを頂いてもなくなることはなくて、あ~ちゃんがかの昔にファンの声が聴こえなくなっちゃった時のバランス感覚ってこんな感じだったのかな?と気持ちを重ねてみたりしました。いや、やってること違うしベクトルも違うし重ねていい対象じゃないことはわかってますけど重ねてみたかったんですうーう!

 

その結果、あ~ちゃんがしつこいくらい言う見捨てんでね、や、応援してねという言葉だったり、作品を出すたびに3人が感想を知りたがるのは嘘じゃないんだ、ということがわかりました。ほんの、それだけです。

 

はぁ、わたしみたいな人間は下心だけで読みに行っていい記事じゃありませんでした。はふう…。でも凄く凄く素敵な対談です。是非リンク先へ飛んでみてください。是非。