きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

「Perfume WORLD TOUR 3rd」を観る

 

Perfume WORLD TOUR名義としては最後のシリーズ、いよいよ手を出してしまいました。

f:id:ocha00:20171009192508j:image

 

幸運なことにこのところは生のライブ続きだったので、過去のライブ映像作品を観るという行為がちょっと久々で少し緊張しながら再生ボタンを押しました。

 

もう最初に書きます。最初からクライマックスです。「Perfume WORLD TOUR 3rd」をひと言で表すと……

 

 

 

 

 

 

 

 

魅力がうるさい(褒め言葉)

 

 

 

 

 

 

 

 

です。ドヤァ。

 

これだけでもうWT3の感想は終わっても良いくらい、ほんとに魅力がうるさい。のっちが可愛い、あ~ちゃんが可愛い、ゆかちゃんが可愛い。相も変わらずダンスがキマってる、3人ともマジでカッコいい、脚がすんげぇエロい、ヒール姿が実に美しい、笑顔いっぱいでたまらない、あ~ちゃんのお客さんと目を合わせてる表情がよく見える、のっちもお客さんを見てるのがわかる、ゆかちゃんのお客さんを見渡す表情がわかる、筋肉の良さもよく見える、キラキラの汗が眩しい、衣装が可愛くてカッコいい、変態丈を超えたショートパンツみたいに見えるスカート衣装を着てるのっちが可愛いああ可愛い、うわああゆかちゃんもまた可愛い!いやあ~ちゃんもやっぱ可愛い!どうしようもうやべえ忙しい!そっちもいい、こっちもいい、あっちもいい…!!!

 

と、目が大忙しです。誰もが良い。目移りしちゃう。なんて贅沢な映像。

 

そしてなんといってもOPENINGからEnter the Sphereイントロまでの演出がエグイほどカッコいい。直ぐに姿を見せてくれないあの焦らす感じ。VJの隙間からチラチラと見えるアレ凄く好きです。カッコよすぎてカッコよすぎて、プロジェクションマッピングの発色が良すぎて脳みそがオープンしてしまいそうになります。しかも幕が落ちるタイミングと曲のタイミングがバッツグ。ここで最も印象的だったのはゆかちゃんがクールに決めず(決められず?笑) 嬉しそうな笑みをこれでもかと溢していたあの表情。めちゃくちゃ可愛い。もうめちゃんくちゃん可愛い。

 

しかも、え、これってLEVEL3のツアーなのと思わせるかのように繋がれたSpring of Lifeのアルバムバージョン。脳が蕩けそう。3人の個々の可愛さに押しつぶされそうになっているところに今度はカッコよさを押し付けてくる。Cling Clingも良いです。のっちと手を合わせるとき目に力が入ってるあ~ちゃんが凄く良い。新しい面に気が付いてしまいました。それほどカメラワークも良い。WTシリーズは総じてカメラワークがシンプルで毎回素晴らしいです。今回も漏れなく素晴らしい。メンバーとカメラの距離が近いことや、今回はやや下からなめたアングルが多くエロい美しい脚に目がいってしまいます。いやいつも見てるんですけど、いつも以上に惹かれてしまいます。ステージ後ろのカメラもGood job!!!

 

そうしてワンルーム・ディスコにまで行くとついに涙が出てきました。こんなに楽しそうに幸せそうにしやがって、最高かよって。今観てるわたしまで幸福になる。ああ生きててよかったー、Perfumeと同じ時代に生まれて同じ時を生きられて本当に良かったー、幸せだ、もうそれだけで幸せだー。なんて、幸せそうなワンコを見ながらふと頭の中で、これからずーっと先の未来がもしあったとして、Perfumeも自分も死んでしまった時代にPerfumeを知った人間がこれらの映像を見て、ライブ行ってみたい!と思ってもそいつの一生では絶対にこのPerfume的幸福感を生体験することができないんだ。なんて可哀想なんだ。わたしは遅ればせながらも生のPerfumeライブを体感することができて本当に、本当に幸せ者だ……なんてよくわからない幸せまで感じてしまいました。

 

MCも英語が多めで成長を感じます。あ~ちゃんが英語を真似して口にするたびにKawaii~~!!ああああ!!!!という絶叫が聞こえてきて人間、国が違えど音楽以外の部分で悶える箇所も一緒なのだなぁと微笑ましく思い。先日は対ホルモンで腹ペコさんがそんな感じでしたからPerfumeってほんとに面白いなぁなんてしみじみ思いましたよ。

 

「ねぇ」はラストでセンターカメラに目線を送ったあ~ちゃんと、わたしはきっと目があいました。疑似的に。はぁ、ほんとに目が合うとあんな感じの気分になるんですねぇ。溶ける。生涯目が合うことはないでしょうからバーチャル体験できてなんだか凄く良いカット割りでした。編集さんに感謝。

 

あとはもうこのセブンスはなんて綺麗なんでしょう。3人の距離が近くて邪魔なものが何もない。3人にだけスポットライトが当てられているような感じ。VJもずっとキラキラしてて綺麗。プロジェクションマッピングも併用されてなんとも幻想的。凄く神聖なものを見ているような気分になりました。息をしてはいけないような気にすらなる。これを生で見られた人がなんとも羨ましい。メトロックセブンスとはまた違う良さを感じた気がしました。

 

それから大好きなHold Your Hand。驚きました。あれ!?って声が出ました。というのもわたしはWAPを先に見ていますので断片的にWT3も見ていることになっている訳ですが、WAPでの描かれ方は終盤曲のような感じでしたのでHYHをやるには随分早くない!か、若しくはもうWT3が終わってしまうのか…?という謎のビックリに見舞われました。それとこのライブの同時刻に、日本の映画館でライブビューイングを観ているファンに対してリアルタイムのエフェクトをかけたパフォーマンスも交えてあったりしてわたしもしっかり嬉しくなってしまいました。

 

あと、のっちの絶妙な八の字眉、なんだか泣いてしまいそうな切なそうな愛おしそうな顔をしていて胸がきゅーっとなりました。LOCKS!ではHYHに対して凄く愛情を持っているように話していましたから、それが顔に表れているようなそんな八の字眉で。わたしも聴いているだけで涙が出てきてしまう曲なのでのっちもそんな気持ちなのかなぁと思いながらその泣きそうな八の字眉を見守っていたHYHでした。

 

して、もう一つ驚いたのはSamtのDV&LM Remixで踊るPerfume。なんともアダルトでせくしー。ただの着替え曲として終わるのかと思ったら踊ってくれやがった!うっひゃーー!!いったいSamtのダンスは何パターンあるんだ???ほんとPerfumeさんヤバいかっこいいッス!!!と思ったり、後ろのセピア調MVやレーザーのカッコよさにも鳥肌立ちました。カンヌSamtを置いといて良いのならこのWT3のSmatが一番のお気に入りになるかもしれません。だってちょっと攻撃的な視線のゆかちゃんと澄ましたあ~ちゃんがたまらんのですよ…!奥さん!

 

それから更に驚きは続きます。次の曲は「GAME」。はぁ、はいはい…もうカッコいいのは分かっていますわ…はぁ…ほんとGAMEのPerfumeカッコいい…と、いよいよ喜びのお叫びをせずにうっとりとしたため息を漏らしつつPerfume尊い……と独りごちる領域に入ってしまいましたわたくし。バックのVJと振りが連動しているのも実に素晴らしい。照明のタイミングも完璧。そして驚いたことに関してですが、WAPやSTAR TRAINのMVにあった渦巻きのVJとのっちがシンクロ率400%になってるアップめのカットがなかったのがちょっとした衝撃でした。WT3で使わずに映画の方にとっといたのかって。あれ物凄いヨダレ出るくらい好きなので、あれー?ってなりました。それと2コーラス目前の間奏で少しヒップホップ?なダンスの部分。カッコよさのあまりぞわ~!って鳥肌が立ちました。髪の乱れる感じとか最高で。

 

それでふとその時、GAMEツアーDVDの副音声であ~ちゃんが、ガチガチにスタイリングされた髪のお蔭で自分の髪だけが全く揺れなかったことをイヤだった…寂しそうに言っていたのを思い出しました。ダンサーとして躍動感ある髪の揺れにはこだわりあるんだなぁなんてその時は感じて、それで今は存分に髪も躍らせてるあ~ちゃんとあ~ちゃんのポニーテールを見ているとまたゾクゾクっと来て鳥肌が立ちました。あ~ちゃんがのっちに負けないくらいかそれ以上に扇情的でしたから。これはヤバいGAMEです。

 

P.T.A.」のコーナーははみがきじょうずかなもやったのでしょうか?綺麗にブツ切りされてたので少し気になります(笑) してそのP.T.A.のコーナー明けはPM!!!これは上がる…!!フェイキよりPMの方が上がるかもしれないわたしには羨ましいP.T.A.明け!しかも!瞬間最大興奮度がゲージを突き抜けてわたしのボルケーノが噴火してしまったステージ上での衣装早替え!PMに乗せてノリノリになりながら脱ぐとか最高過ぎませんか!ヨダレ鼻血ものでした。超ワイルドでキュート。

 

特にあ~ちゃんのワイルドさ(タオル投げ等)が好きなわたしとしては脳がアッチョンブリケしそうなほど興奮しました。是非また、ステージ上で脱いで欲しいものですというか脱いで下さいお願いします。あとお気に入りは手~を~か~ざ~して~のところで頭を可愛く傾げたあ~ちゃんです。バキバキのサウンドに可愛さを取り入れるあ~ちゃんの仕業、さいこうです。

 

そして気づけばもうラストスパートは笑顔とレーザー美のGLITTER、あ~ちゃんとゆかちゃんのウィンクに撃沈したチョコ、そして最後はポリリズム

 

さっきまでメンバーの個性にうひゃうひゃ興奮してた自分が嘘かのように、メンバーの無邪気な笑顔に幸せを感じて胸がいっぱいになって、わたしまで笑顔になってる。VJも凄い、照明もレーザーも凄い、でもそんなところに注目すらできないくらいメンバーの笑顔に夢中になってしまいます。あ~ちゃんが泣きそうなのを堪える表情や、胸に手をあてる仕草にわたしの全てを持っていかれそうになります。

 

ショウビジネスをやってる人たちはよく、パフォーマンスでファンへの感謝を返しますだとか、演技で、ライブで、とよく言いますけれどわたしはイマイチそれを感じ取れたことがありませんでした。へぇ~うまくなったなぁ~、とかそういうボヤッとしたことは思いますけど、返されてるなぁって思ったことはなくて。どうせ嘘でしょ?って。敢えてこちらからせびるように見返りを求めたことも無いけれど。それは目に見えて分かり易く、はい、あなた宛てですと形になったものじゃないと、自分は一生分からないのかなと思っていました。自らの想いを汲む能力がなくて。

 

でも、このポリリズムを見てハッキリとファンの人たち返されてるじゃんって思ったんです。このWT3の時にわたしは居ないし知らない時間だったけれど、この時にPerfumeを見つめてた人たちみんな返されてるじゃんって。凄いや、羨ましいや、これってほんとだったんだって。決してわたし宛じゃない、その輪の中に居なかった者でもこんな風に思えるのかって驚くくらい。 Perfumeの感謝の表し方は、深く長いお辞儀をすること以外にもっとちゃんとハッキリしたものが、ほんとにパフォーマンスの中に散りばめられてる。嘘じゃなかったんだって。この人たちにはほんとに嘘がない。それに気づいた時、一つの仕草も取り逃したくないって心から思って、ドキドキして息が出来なくなりそうでした。

 

かと思ったらアンコールはまさかのフェイキ…!?びゃやあああああああ!!!!!!さっき一つの仕草も取り逃したくないって思ったばっかりなのにやっぱり上げられてしまう音には逆らえず画面前でジャンプしてしまうわたし。ち、違う!わたしはParty Makerが好きなのに!ああ!FAKE IT…!恐ろしい子ッ……!!!

 

って上がり腐るも束の間、本当のファイナルソングはMY COLOR。これか、WAPで見たのはって思いました。映画で切り取られた光景より、ライブDVDで見る方がもっと魅力的だなって涙が流れてきました。MY COLORで上がる手、MY COLORの明るくて優しい音に照らされた人たちを見て、この世界愛し過ぎるでしょうって笑顔も涙も止まらなくなって。

 

ここでちょっとだけ恥ずかしい自分の話になりますけど…向上心も無くて夢も目標も無い惰性で息をする、生きる価値が全くない自分の人生に思い残すことはほとんどなくて、身勝手に人生30で死んでいいやって思ってもうすぐ30なんですけど。Perfumeを見つけてしまってから、どの3人を見ていても楽しいし、Perfumeについていくと地方で美味しいものと出会えるし綺麗な景色とか知らなかったことを知ることになってしまうし、音楽の世界もどんどん広がってしまうし、Perfumeのことが好きな人たちとも出会ってしまうし、もっとずっと先までPerfumeのライブに行きたい、Perfumeのことを見つめていたいって思ってしまうし、こんなネガティブでクズみたいな人間でももう少し人として生きたいなぁって思い始めてしまうしで。そんなゴミほど小さい思いを抱いたことを、このMY COLORを見て思い出しました。

 

そんな思いにさせるPerfumeとチームPerfumeと、この時を一緒に過ごせた世界中のPerfumeファンのPerfume愛がもう眩しくて、羨ましくて。初めてPerfumeを知った、初めて映画館で観たWAPよりボロボロ泣いてしまいました。きっと。

 

ステージセット、照明、レーザー、プロジェクションマッピング、セットリスト、音、パフォーマンス、衣装、ダンス、声、MC、Perfumeファン、あ~ちゃん、ゆかちゃん、のっち。目標としてたNYで余すことなく完璧Perfumeを持って行けたんじゃないかなと思うくらい全ての要素や人が最高に素晴らしいライブに見えました。この素敵なライブ、映像で観られて本当に良かった。

 

あと余談ですが、世界ご当地ダイジェストが無駄にオシャレで笑いました。盛り上がりはLAの方が凄かったんじゃないですか?ん?

 

次は過去作最後、P10です。