きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

レバちゃんは心の中に

ドラマ東京タラレバ娘、ついに最終回を迎えてしまいましたね。振り出しに戻るようなラストには少しぼやぼやっとした気持ちを抱きましたが、レバちゃんが最後まで可愛かったことと主題歌「TOKYO GIRL」が綺麗に流れていたことで全てを受け容れることができました。

 

では、毎週のように愛でていたレバちゃんの可愛い姿をいつものように貼り付けて、レバちゃんへの恋心に名前を付けて保存、をしたいと思います。

 

f:id:ocha00:20170325001933j:plain

まずはコレ。提供が表示されていた背景ですが、なんと最後だからとこのレバちゃん達にも声が充てられていました。もしかして他の話数にもあったかなと確認しましたが最終回だけの特別仕様ということがわかりました。表情がコロコロ変わるレバちゃんに対して自由に声を充てたあ~ちゃん、ラジオとかでふざけて出していた声のまんまで少しドキドキしましたがレバちゃんはほんとにあ~ちゃんがやっていたんだとよく分かる声だったのでとても好きでした。

 

f:id:ocha00:20170325001942j:plain

前半。上から見下ろされるのも……イイッ……!

 

f:id:ocha00:20170325001951j:plain

「どうもー」と久しく倫子に挨拶をするレバちゃん達、きちんと会釈をしていますが

 

f:id:ocha00:20170325002000j:plain

倫子の挨拶キャンセル。

 

f:id:ocha00:20170325002007j:plain

しかし、どうもーキャンセルをされても動じないしツッコミもしないレバちゃん達のこの無邪気に飛び出す時の表情があああん!!!可愛い!!!ちさい眉!!><!!▽!!!!可愛い!!!ああ!!

 

f:id:ocha00:20170325002013j:plain

後半、今まで“あんたたち”と言っていた倫子が初めてレバちゃん達を「タラレバ」と呼ぶシーン。その呼び声に応えるようにぴょんぴょん跳ねて存在を教えてくれるタラちゃんレバちゃん。もうその愛くるしさに胸が絞めつけられます。

 

f:id:ocha00:20170325002025j:plain

倫子はレバちゃん達に会えた嬉しさに思わずこの表情。まるで、毎週レバちゃんの出番がくる度にテレビの前で正座していたわたしのようです。

 

f:id:ocha00:20170325002031j:plain

「本当はわかってるレバね」というレバちゃんの言葉。今までタラレバ言う倫子を嘲笑ったり、毒づいていたのが嘘のように優しい声。人としてあ~ちゃんが持つ柔らかさやあたたかさをたっぷり詰め込んだようなお芝居で、あ~ちゃんにしか出せない声だなぁと、心をくすぐられるようなシーンでした。

 

f:id:ocha00:20170325002041j:plain

3Dモデリングの確認作業かのように360度ゆっくり回るレバちゃん。

 

f:id:ocha00:20170325002049j:plain

「幸せになるもならないも自己責任。やりたいことをやればいいレバ」。教鞭をふるう教師のような雰囲気とこのセリフ。わたしには見える。レバちゃんが後ろ手を組んでいることを……!ああ!可愛い……!!

 

f:id:ocha00:20170325002058j:plain

倫子の心の声であるレバちゃん達の気持ちと、倫子自身の気持ちが重なったシーン。「うん」という、物凄く短いセリフは全てを包み込むような優しさに満ち溢れていて、透明感のある落ち着いたあ~ちゃんの声色にとても納得しました。

 

f:id:ocha00:20170325002112j:plain

倫子を見守るレバちゃん達。微笑む声がなんとも可愛らしい。あ~ちゃん独特の声にわたしも微笑んでしまいました。

 

f:id:ocha00:20170325002123j:plain

顔を見合わせるタラちゃんとレバちゃん。その空間に、居るだけでいとおしい。

 

f:id:ocha00:20170325002134j:plain

あ!レバちゃんが超高速回転をしながらこっちを見て……!

 

f:id:ocha00:20170325002145j:plain

……………………。

 

………………

……………

…………

………

……

 

あ~ちゃんが声のお仕事をすると知ってから今日まで、そのお仕事を見たくて見守っていましたが、想像以上の仕事ぶりで正直驚いています。声のお仕事をしたいと言っていたのは伊達じゃなかった。夢を叶えてしかもそれをモノにしてしまう凄い人だと、思い知らされたような気分です。

 

声優仕事を声優以外の人間がやること、音楽を音楽人以外がやること。賛否あっても本人が真剣なら違う畑に入って行っても良いのだと。今までそんな風に捉えたことはなかったけれど、あ~ちゃんが挑戦した結果が教えてくれた。そんな感じがしてます。だから、これからPerfumeが進もうとしている色々な道はきっと信じて大丈夫。そんな風にも思えるあ~ちゃんのお仕事でした。

 

それと、最後の「TOKYO GIRL」は寄り添って背中を押すような音に聴こえて、救われるような気持ちになりました。とても綺麗に聴こえて、とても良かった。たまにモヤモヤさせられたりざわざわさせられましたが、それもまた「TOKYO GIRL」の可能性を広げることになり、主題歌として凄く大きな存在となったと思います。これからのフェスでゴールデンタイムにトーキョーガールをパフォーマンスしたらどんな風に見えるのだろうとか、想像が膨らんでしまっていけません。……行けるかわからないんですけどね…!

 

さて、毎週の楽しみはこれでお終いとなってしまいますが、パンセが反響次第で連続ドラマになる可能性があると阿部プロデューサーが言いたい放題言っていたのでもしかしたらもしかするかもしれませんね。タラレバも、どうなるでしょうか。

 

それにしてもあ~ちゃんのレバちゃん本当に可愛かったなぁ。結局、最も可愛くて最もあ~ちゃんに見えたレバちゃんは4話の恋をしてしまうきっかけとなったあの微笑みレバちゃんでしたし。ああ、可愛かったなぁーあ~ちゃんのレバちゃん。ほんと可愛かったなぁ。もっと毒吐いて欲しかったなぁ~~~〜〜〜〜

 

広告を非表示にする