きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

やっぱレバちゃんはそうこなくっちゃ!

8話も楽しかったですねぇ。レバちゃん達が居る空間が見ていて心地よく、わたしも倫子と同じで当たり前になってきました。レバちゃんを愛でるのが当たり前に……。

 

f:id:ocha00:20170312183042j:plain

前半。物凄く引きの画。こんなにちさいのに口パクモーションはきっちり描かれていました。どこまでこだわられているのかは不明ですが実写との合成ですと最早口パクが見えたらラッキーなくらいなのでしょうか。それともきちんと計算しているのでしょうか。前者だとしたら声を吹き込む側にはなかなかに不親切な気がしますがあ~ちゃんはきっちりタイミングを合わせていました。もう慣れたものですね。

 

f:id:ocha00:20170312183056j:plain

窓辺から倫子の位置までひとっ飛びするタラちゃんレバちゃん。やはり自在に浮けるのですね。

 

f:id:ocha00:20170312183106j:plain

あああああん!!!レバちゃんが倫子の肩でアクロバットなジャンプ!!!!!!圧倒的な脚力!重力!!跳躍力!!!わたしもレバちゃんに肩で踊ってほしぃぃぃいいんんん!!しかもこのシーンのレバちゃんの「プロポ、プロポ、プロポ、プロポー!」というセリフ。4つ目の「プロポー!」だけテンションを高く仕上げていました。これは6話の「けっこーん!」でのあ~ちゃんの良いお仕事ぶりを彷彿とさせ、8話にしてもその可愛さが炸裂していました。音楽が好きなあ~ちゃんならではのお芝居なのではないでしょうか。素晴らしい。とても素晴らしいお仕事です。

 

f:id:ocha00:20170312183113j:plain

後半。まさかのイレギュラー。香にまで見えるとは。原作でもそうなのでしょうか。いやはや驚くリアクションがもはや懐かしくとても新鮮でした。

 

f:id:ocha00:20170312183121j:plain

「どうも」と会釈するタラちゃんレバちゃん。初見の人をなるべく驚かせないように優しく柔らかな挨拶をしてくれるとても丁寧な対応(最初だけ)。可愛いです。

 

f:id:ocha00:20170312183129j:plain

レバちゃん、香を見上げるためにとても反ってます。浮けるのになにやってんだ。めちゃくちゃ可愛いです。

 

f:id:ocha00:20170312183138j:plain

そして可哀想な者を見るレバちゃんのこの表情。三十路手前にもなってこのアホみたいな記事を書き続けるぼっちのわたしもその目で見て……っ。ああそんな表情でもちさいお口が本当にお可愛らしくて胸がギュンギュンします。

 

f:id:ocha00:20170312183145j:plain

前半に続く引きの画。ちっちゃさのあまり食べてしまいたいほどの可愛さ。今話は引きでレバちゃん達のサイズ感を伝えわたしをレバちゃんの虜にさせようという目的でもあるのでしょうか。しかしちさ過ぎてレバちゃんが白目を剥いているようにしか見えません。可愛いです。

 

f:id:ocha00:20170312183151j:plain

「本命になれない女は惨めレバ」というセリフの「惨めレバ」という部分。ここのあ~ちゃんの情感の込め方が絶妙で、声を張らず、でもグッと力を込め、強く香に伝えるという今までにない声の出し方でとても印象的でした。凄く好きです。こんなあ~ちゃんの声はきっと、声のお仕事をしてくれなければ聴けなかったことと思います。ですから、こういったお芝居が聴けてとても嬉しく思います。

 

f:id:ocha00:20170312183159j:plain

からの……あああああああああああああお前は一生独身だああああああああああああああ頂きましたああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!ナイスシャウト!!!!ナイスシャウトぉぉぉぉおおおおおおおぉぉっぉおぉおおお!!!!!!!!!!!!!!これだよね!!!やっぱこれがないとだよね!!!!!!!あ~ちゃんありがとう!!あ~ちゃんありがとーーーーーーう!!!!!!!!!!!!!

 

そして本編は着実に前進する倫子をニコニコと見守る流れと、昔の男をずるずる引きずる香にモヤモヤするという2つの流れがありました。加えて、あまり気にしないフリをしていましたがKEY君ってストーカーなんジャネーノ?と思うくらい倫子達とエンカウントしていたのでコイツが一番やべぇヤツなんじゃ……と自分の中で認定しようとしたところ、香を強く諭し、良き道へ導くシーンを見て、そうか、KEY君はレバちゃん達と同じ妖精さんなんだ、と確信する8話となりました。

 

あと、わかっててセカンド女をやってるとか、だいしゅきホールドで妊娠を武器に、とか。まろやかな言い回ししてんなよと思うのですけど要は浮気相手だしセックスフレンドってことだろ?ああん?ツゴウノイイ彼女ってエロゲがあるの知ってるか?おおん?やってることがエロゲよりえげつないんですけどー!?(ハートが童貞)

 

などと思いつつ実は妊娠してなかった、という時のりょうちゃんの自己中心的な発言にはかなり心がモヤモヤしました。しかし妖精KEY君のナイスアシストのお蔭でレバちゃん達の忠告通り腐れ縁を断ち切ることができ、泣きながら立ち去る香の姿には少しだけ共感する部分があったのでうっかりもらい泣きしてしまいました。「TOKYO GIRL」もこのタイミングでかかっていて、色んな気持ちや現状をその場で全部ぶった切って前に進む香の背中を押すような音に聴こえて凄く胸が熱くなるトーキョーガールでした。

 

まだ気持ちが残ってる状態で円満じゃない別れ方をする時って、着信拒否して連絡先を消すのにも結構苦労するんですよね……。香ちゃん……後でちゃんと消しとけよ……。

 

広告を非表示にする