きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

JAPAN 2017年1月号

今回の語リンピックによると3人は恋ダンスをMIKIKO先生を含むELEVEN PLAYの方々から直々に教わったそうで、わたしも慌てて振りコピをしようと試みています。その中で、恋ダンスをコピーしたことでよりMIKIKO先生の振りの素晴らしさや曲との関連性に気づいたとあって、この人たちはまだまだ学びの姿勢があり、芸術的な良さに気がつく感性の鋭さは、マジで凄いなと思いました。もう16年目なのに。わたしだったらふんぞり返ってますから。またひとつ、そうであってはいけないな、と3人から教えてもらった気分です。気をつけよう。

 

そして今日発売のJAPANを手に入れました。

f:id:ocha00:20161130225258j:image

ナゴド2日目のライブレポートでした。忠実なレポなのは良いものの、逆にレポート然とし過ぎていたことと自分が参戦した日のものだったので、やや物足りなかったです。写真は綺麗だったのでよかったですが。

 

少しあの日のことを思い返すと、トークは全部面白いし、アリーナは凄い一体感だったし、のちヒールは飛ぶし、周りは全員跳ぶし歌うし盛り上がるし、本当にてんこ盛りの日だったなと思い出すだけで興奮が蘇ります。これがどうも、わたしの周りだけだったのかそれともどのブロックも同じように弾けていたのか知る術はありませんが。12月29日にWOWOWで放送される京セラ2日目の映像を見れば少しはわかるでしょうか。

 

そういえば先日のLOCKS!でついに飛んでったのちヒールについて解説がありました。今日は身体の調子が良い!から、スナップをきかせ過ぎて飛んでしまったというのは正しくはしゃいでしまったという表現がピッタリで。実は昨日のFLASHキックでまた飛ばすんじゃないかとほんのり心配でしたが全く問題なかったですね。また飛ばしてくれてもわたしは良いですけれど(笑)

 

のっちは2人も先生も笑ってくれて救われた、とも話していて、かしゆかとあ~ちゃんがあの時の最後のMCで言っていたハプニングも笑い合えるようになった強さというのは、MIKIKO先生を含めた4人全員に共通した気持ちだったんだなぁとのっちの話しを聴いて感じました。飛び抜けた失敗とも言えるけれど信頼関係を保ち続けて信じ合っているからこそ、それを笑っちゃえる。改めて、いろんな意味で凄い出来事にわたしは立ち会えたんだと実感して、かなり感慨深いです。

 

広告を非表示にする