きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

『Perfume 3rd Tour「JPN」』を観る

f:id:ocha00:20160830020454j:image

オリジナルアルバムでいうと、『JPN』が1番好きかもしれないくらい、お熱なアルバムのツアーなだけに早く観たい欲求が高まり、まだLOCKS!がJPN tour以前にも関わらず再生してしまいました。

 

実のところ、すぅーーっと観終えてしまったため、クワッ!とくる感情があったかと言えばあったし、どれも味が深いパフォーマンスでそれを大きく頷きながら観ていたらいつの間にか終わってしまって落ち着いていたと言えばそうだし。

 

真っ先に感じたのは、3人及びチームPerfumeの余裕、自由、成熟、逞しさ、強さ、そして穏やかさを感じました。東京ドームを経たことが間違いなくプラスに働いてることと思いますが、それにしたって2年経たずにこんなに変わるのかと。本当に人が変わったかのようで、じっくりと、ビックリしました。だって、明らかに逞しくなっています。

 

音楽美、映像美、VJ美、照明美、レーザー美、舞台装置美、あげればきりの無い美しさがどれもありますが、3人の美がとにかく凄い。凄い解き放たれてる。振りのシンクロも去ることながら、お互いに顔を合わせたときの楽しそうな表情に磨きがかかっているように見えました。心から出ちゃってる笑顔なんだろうなって、疑いも無くそう見えました。

 

Perfumeを取り巻く演出を担ったアートは当然大事だし、そのアートを誰がやっても良いのだとは思いますが、わたしは結局かしゆかあ~ちゃんのっちがそこに居なきゃ何もかも意味が無いと、JPN tourを観終えながらぼんやり思いました。

 

しかし、3曲目でまたエレワー!?などと思ったりもしましたが、どのライブでも観客の心をひとつに鷲掴める力をもったこの曲を外すなんて!と、入っていなかったら入っていなかったできっとわたしはブツクサ言ったと思うのでナイスセットリスト!と、結果的に喜ぶのでした。逆にもうどこまでエレワで攻められるか?の挑戦の域に入ったような気がします。

 

その後のワンルーム・ディスコも凄くいいですね…。もうワンコの位置はこれで決まりだよねー!とかなんとか勝手に叫んでました。わたしもだいぶプロのPerfumeファンに近づいてきたと思います(エッヘン)

 

最もお気に入りだったのは「JPNスペシャル」です。「Perfumeの掟」に次ぐ中田ヤスタカ氏書き下ろしの気合いの入ったライブオリジナルトラックに、めちゃくちゃ興奮しました。カッコ可愛い。重低音もブリブリにきいていて、どれがそう思わせるのか和の感じもあって、涙が出そうなほどカッコイイ。加えて「今、私達に、できること」というシンプルな詞はこの頃に起きてしまったことで応援が必要な人たちへの大きな大きなメッセージになっている気がしてグッときました。

 

衣装もギラギラしていて3人ともおみ足が綺麗に同じ幅に見えて良いですし、ダンスも少しヒップホップ?が入っていてそれとPerfumeらしいマネキン調なダンスとの融合がむちゃくちゃカッコイイ。プロジェクションマッピングで映し出された映像も3人と同じくらいカッコイイし、なんてったっておっきいPerufmeがカッコイイ。もういっぱいカッコイイ。語彙不足で申し訳ないけれど兎に角カッコイイ。

 

映像と連動した動作からかしゆかピンボールをするのもカッコイイ。あ~ちゃんがバットでボールを打つのも、のっちさんがボールを蹴るモーションもカッコイイ。奥から歩いてこちらに近づくデカのっちさん、歩き方もカッコいい、そして煽るアがるサウンド、右端に表れたのっちさんのシルエット、デカのっちさんが手を振り上げたと思ったら本物ののっちさんが!?!?あああああ出てきたぁぁあああああああああぁあああ!!!!!!!しかもあ~ちゃんも同じく出てきたぁぁああ!!!!

 

いやああああああああああああああああああああ!!!!カッコイイぃぃぃぃいいい!!!!!ダメええええええ!!!!!カッコイイぃぃぃいい!!ダメじゃないしカッコイイいいいいいいい!!!!!!!!ああああああああああああああん!!!!!!!

 

この演出を実現させたMIKIKO先生は天才です。感謝。感謝。

 

でもカメラワーク、カッコイイのはわかるんですが別でじっくり見られるように正面定点とメンバー別のアングルも用意して頂きたいです。これを言ってしまうと全部に対してになるんですがせめて『JPNスペシャル』にも定点が欲しかったです。

 

そして「GLITTER(Album-mix)」。度肝を抜かれました。レーザーとここまで一緒に踊るなんて、わたしの目玉が落ちました。直角二等辺三角形ツアーのedgeもギリギリのレーザー演出をさせるなぁと思っていましたが、こんなことまでできちゃうもんですかと、もう開いた口が塞がりません状態でした。カッコよくて仕方ありません。

 

「GLITTER」にメッセージがあることを知ったのはSOLのとーやま校長の力説からですが、その天への想いには、このノリノリのサウンドとは相反してわたしは涙腺が緩んでしまいます。ダンスも祈りの格好が入っていたり、天を見上げる振りがある上に、レーザーが空に向かっていくその様にはこみ上げるものを我慢せざるを得ません。それでいて、パフォーマンス単体で観ても美しくて、綺麗で、面白くて、楽しい。「GLITTER」の楽しむ要素の多さに気づかされた時間でした。Perfumeは世界一レーザーが似合う。

 

それから「JPNメドレー」、デジャヴュだと思いました。一瞬にしてbitterを観ていた自分の記憶が蘇って、おまペロじゃないよえへへなかしゆか舌ペロが走馬灯のようにわたしの頭を駆けていきました。でもやってきたのはシクシクじゃないよえへへなあ~ちゃんの舌ペロぉぉぉおおおおおおおおお!!!!!!!!!!

 

あああああああああまたやられた!!!またやられたんだ!!くそ!くそ!!!可愛い!!可愛い可愛い!!圧倒的に可愛い!!!!!!!!!あ~ちゃん可愛いぃぃぃぃいいいいいいいいいいいーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

と、メドレー中は心中穏やかではありませんでした。また同じやり方で、もう一度刺されてしまったというショックと、Perfume最高かよという思いで頭の中はぐちゃぐちゃです。これはまたbitterを見返す必要があります。

 

あと、「Take me Take me」にも興奮しすぎて椅子の上にあがりそうでしたがフェイクだったので事なきを得ました。それと、いっぱいサンタ呼んじゃいましたのメドレーと違う点は最後にちゃんとシクシクをやってくれてフラグを回収したことだと思います。羨ましい。おまペロを観たかった気持ちが少々救われた気分です。

 

そして、「ポリリズム」のあの空色か白のレーザー。ほんとの色は肉眼で見ていませんからわかりませんけれども、凄くピッタリな色だなぁと思いました。爽快な音に爽快な色、ポリループ後の間奏であがる声と頭上での手拍子の一体感。わたし、ここがとても好きで、メンバー泣いてないのにいつもウルウルきます。レーザーの美しさから余計涙腺緩みました。

 

P.T.A.コーナーでは噂によると「ジャンプだよ!!!(半ギレ)」するのっちさんが居たらしいですが残念ながら映像化には至らなかったようですね…。客にキレのっちさんはGAMEのMCで楽しませていただいたので噂を楽しみにしていましたがその片鱗だけで拝むことは叶いませんでした。

 

「FAKE IT」は頭を振って好きに身体を揺らす3人を見てこっちがぶち上がっちゃいそうになる不思議な魅力が潜んでいますね。生で観たらきっと危ない気がします、自分の全身が。それとジェニーのレギュラーっぷりには最早感謝するべきだと思います。最近気が付いたのですが、メンバー同士コールしあったり指差ししていたりとジェニーの楽しみ方はもう無限大。のっちさんがただのあ~ちゃんファンみたいなのが可愛くてたまりません。

 

最後のあ~ちゃんのMCは今までに無いくらい感極まっているように見えて、これもなんだかぼんやりとあ~ちゃんの涙が好きだなぁと思いました。苦しかった時期の気持ちも話してくれたり、その想いは真剣に胸に届きます。長ったらしい校長先生の話を聞くのは得意じゃなかったですけど、あ~ちゃんの話ならずっとスタンディングで聞けそうなくらい。たぶん。きっと。おそらく。

 

アンコールラストは、Perfume曲できっと一番好きと言ってしまえる「心のスポーツ」で、たぶん、3人も好きなんだろうなと思いました。『GAME』で言うところの「Puppy love」のような位置づけで、狂おしいほど可愛い曲でありながら快活で爽快なサウンドで、何もかも忘れたい時とか、夏は夜になると必ず1回は聴きます。

 

この切なさを残させない後味の良い曲がアンコールラストで本当に良かった。だからすっきりとした気持ちで観終えられたのかもしれません。振りも準備運動をするような動作が入っていたりみんなで踊れるようになっていたり、なんと言っても3人からサムズダウンをして頂けるというご褒美まで。ほっぺたにキス、君が好きまで歌ってくれてからのサムズダウン。最高です。MIKIKO先生はほんとに天才です。曲も可愛いのに振りも可愛い。ほんと可愛い超可愛い。画面越しにでも見られてとても幸せです。

 

去り際のあ~ちゃんが明るく笑かして去って行くのも凄く良かった。わたしにとってTour「JPN」は最高のライブ映像となりそうです。

 

スタッフロールではまさかの海パーン!!!の終わり際の一幕が。目にすることはできないのかと思っていましたがほんの少しでも雰囲気を知れて嬉しかった。しかもサプライズの花火で、素で驚いて感激する3人と、P.T.A.の皆さんが一緒に花火を楽しむ様子も涙が出るくらい青春って感じでここでボロボロ涙がでてきました。

 

のっちさんのその場に座って花火を楽しみだしたのもなんかいいです。マイクを置いてデレ~っと楽しむかしゆかも、両手をいっぱいに広げて花火を感じようとするのっちさんも、最後のしだれ柳に手を伸ばして届かない景色を掴もうとするあ~ちゃんも、どれもこれも青春で、ここまで青春然とした動作が似合う人たちもなかなか居ないなと思いましたよ。

 

JPNだいっすきだ。

 

次はPerfume WORLD TOUR 1stです。