きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

「Perfume Second Tour 2009 『直角二等辺三角形TOUR』」を観る

f:id:ocha00:20160808020235j:image

このライブについても、色々な、重めの前情報が沢山ありましたが、ツアーが始まるまでの間であ~ちゃんは自信を取り戻したような感じ、が、ラジオから聴こえてきていたので、ディスコ!×3とはどこか違う気持ちでの再生でした。

 

先ずはオープニングの「Take off」は、え!?!!??幕にプロジェクターで!?!?!?え!?!?!2009年のPerfumeライブ史上今までにない表現方法に再生開始3秒で「あん!!!??」と声をあげてしまいました。か、かかかk、かっこよよよyそおしゅあえwぁfjをあ;k!!!

 

かっこよすぎでは!?!?!?!??!?!?!?

 

端ッから映像も、音も、照明も、舞台の仕掛けも、3人も、観客も、これまでと段違いに上をいっていて、これがディスコ!×3後のライブなのかと、ほんの3ヶ月で何が起こったのかと、なんてものを隠し持っていたのかと、あまりにもステージが違いすぎるので、「Take off」中ずっと疑っていました。

 

だって、こんな、大きな幕に投影された3人がかっこよくてたまらなくて、と思っていたら、幕を小さく丸く破いて3人がシュッと現れてやだ!またかっこいい!って見とれていたら、音が突然変わってただの「Take off」じゃなくて直角二等辺三角形TOUR ver.で、ゴリッゴリのアレンジがされていて、おそらくライブ版として中田ヤスタカ氏が新たに手を加えたのだと思うのですが、これもかっこよすぎちゃって、それでいて、そのギャンギャンの重低音でクールに踊る3人が輝いてて輝いてて眩しくって、それから下に沈んでいってって、もう何がおこってるのか頭が追いつかなくて、そうこうしてたら「NIGHT FLIGHT」が始まって完全に画面前で1人、Take offしそびれて呆然とする始まりでした。

 

しかも「NIGHT FLIGHT」はマルチアングルで観て初めて気がつきましたがステージに差す照明がプロペラ柄になっていて、非常に可愛らしい。もしかしたら今までのライブでもこういう芸の細かいことをやっていたかもしれないと思うと、何回でも見返す価値があることに気づかされ、なんだかソワソワしてしまいました。

 

振り付けも可愛いし、衣装も3人ともそれぞれのキャラにお似合いで綺麗、あ~ちゃんのカチューシャが可愛くてたまらない、手元のアクセサリーを沢山つけていてとても目が行くし、ピアスが大人っぽい。体つきもどんどん引き締まってスマートで美しいし何より凄くセクシー。アルバム『⊿』は背伸びをした大人っぽさを感じていたのに、実際の3人はまるで等身大に近くて、急な色気にドギマギして、あ、一気に置いていかれてしまったかもと思いました。

 

と、途方にくれていると、エレワ!!!!特効CO2!!!!

 

bitterではタイトルをオシャレに飾っていたのにここではシンプルに白字で「エレクトロ・ワールド」。置いていかれる、と思ったのに、まさかで、もう何度目のエレワで涙なのか、なんでこうも心を掴んでくるのか、昔っからの人も最近の人も今からの人も乗り遅れてる人もみんな一緒に行くんじゃ!って感じで、その妄想通り観客の一体感と盛り上がりが異常で最高潮。エレワが持つ力はなんなんだ?あれ?前も思ったかな?なんて色々感じながら泣いて頭を振ってのエレクトロ・ワールドでした。

 

Dream Fighter」ではステージ下のLEDがカッコ良さそうな仕事をしていました。真下からの照明がイカしています。かしゆかの言う通り、上の階からじゃないと全ての演出を観られないこともあって少々もったいない気もしましたが言い換えれば、ステージから遠いことでしか楽しめない要素を演出として取り入れているとも取れるので、ライブの楽しみ方を新たにPerfumeから教えてもらっているような気がしました。

 

そしてMCが…ほぼ…ない…だ…と…?

 

からの「Zero Gravity」!!わ!!なんですかこれ可愛い!!!!!きゃ!!足組みヤバい!!!!エロい!!!!み、見え……見えてる!!!見えてるけど見えていい中!!!!!わお!!!!!!!ハコに足をかけて…!?!?え!?!?四つん這いになってその足を乗せてほsまたエロい!!!けど爽やかで可愛い!!!!!あ~ちゃんの可愛さが悪魔的に発揮されていてたまりません!!!!plastic smileと良い勝負です!!特に“このままがいいね”の後のぴょんぴょんしながらこちらを指差す振りをして笑顔をブンブン振り撒くあ~ちゃんが最も可愛い。これは今のPerfumeさんに是非あえてやって頂きたい1曲となりました。

 

「Kiss and Music」はまさか演っているとは思いませんでした。ハットを使ったダンス、実にセクシーでグッと来ました。のっちさんがカッコよすぎます、ハット似合う。かしゆかも目線が色っぽすぎます。あ~ちゃんは切なげな表情が曲とマッチしていて可愛さとセクシーさのギャップにヤられて中毒になりそうです。

 

そしてこのツアーのメインディッシュである「edge ⊿-mix」、おほほ、レーザーが凄い凄い、これはやり過ぎ家庭教師、バックのLEDが、バックのLED……?あれ?は、は、はは、は、は、

 

箱ぉぉぉぉぉぉおおおおおおおおお!?!?!?!!!?!?!?!?!??!!?!?!?

 

ちょ、、ちょっとお待ちください、お待ち、え、LEDがついた箱がステージの中央に出てまいりまして、そのLEDに映し出された3人が上昇して消えてくと思ったら本人が出てきたーーーーーー!!!!?!?!?!?

 

ギえぺえええええええええええ!!!!!ぎょえええええええええええ!!!!!!!!!あばあああーーーーーーーー!!!!!!!かっこいいいいぃぃいぃいいいいい!!!!!!かっこいいかっこいいかっこいい!!!!衣装が黒とゴールド!!カッコいいし可愛い!!なんてこった!!!!もうどうしたらいいんですか!!!壁を殴ればいいんですか!!!!!こんなカッコイイのズルいですから!!!!こんなにカッコイイって聞いてませんから!!!!!!!!!!

 

と、edge中ずっと興奮しきりです。2009年のPerfume史上最大のホール&アリーナツアーとあってかなり規模が大きくなり、それに合わせたパフォーマンスが期待されましたが、ステージ上の表現の幅はもう計るスケールが見当たらないくらい、ただただ、このPerfumeはこれまでのPerfumeを1段階も2段階もトーンッとすっ飛ばして進化した、と思いました。ほんとに、とんでもないものを隠していらしたんですね。

 

映像の美しさ、その映像とのシンクロ、掛け合い、限界まで響かせた重低音、レーザーの凄まじさ、レーザーに上から包まれる3人、そのレーザーをマイケル的なキラキラした片手グローブで受けて反射させる手からレーザーの演出、そのグローブをつけた3人のカッコよさ、カチッとハマッたスポットライト、のっちさんの凶悪的なクールさなど。まだまだ賞賛し足りません。兎にも角にも最高のedgeでした。

 

そうしてシクシクのカッコよさにポーッとしていると、アウトロがフェードアウトしながら3人の立ち位置が……このポージングは…まさか!!!

 

シティーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

まだシティをやってくれるの!!あんなにカッコイイパフォーマンスで突き放してきたのにまた心を掴みにくるの!!!どうしてまた涙が出てしまうの!!!しかも花道をカーで移動シティ!!武道館の仕掛けありのシティとは違い、シンプルな照明で、こういうのも凄く素敵だなと思いました。エレワとシティで泣いてしまうってまるで気分はbitterです。

 

「I still love U」ではどギついカラフルな照明に驚き。MVのイメージが強かったのでまんまと裏切られました。この曲であ~ちゃんの衣装が沢山ふわ~っとなるので、のっちさんがDisc2の衣装ウラで「良い」と仰っていましたが、のっちさんに言われるまでは気にもしませんでした。一緒のステージで踊っているのに目の付け所があ~ちゃん過ぎ。しかし、衣装の楽しみ方をのっちさんから教えてもらいましたので、見返す際は衣装のなびき方にも注目したいと思います。

 

ワンルーム・ディスコ」で微笑みあう3人と、生声で煽るあ~ちゃんにキュンときて、「セラミックガール」の稲穂の数、間奏での盛り上がりとガッの手が綺麗に3人に向いている光景は実に絶景でした。

 

ジェニーとチョコとポリでおかしくなっちゃってる観客が最高すぎて見てるだけのこっちが気持ちよくなりつつも、あ~ちゃんがジェニーでボックスカー上部に置いてしまった水を降下時にさり気なく回収していて、別の部分で大変感動したことはナイショです。

 

最後のアンコールではまさかの衣装替え。宇宙柄がまた可愛い。のっちさんのお衣装だけセクシーになり過ぎてしまっているのを目を逸らしながら観ていました。「パーフェクトスター・パーフェクトスタイル」での一体感と、映像効果のモノクロにしてスローモーションが過去を想起させてなんか泣けます。

 

Perfume」では楽しみすぎたあ~ちゃんがラストのポーズに間に合わせるのに花道を一生懸命走る姿が物凄く可愛くて、またそれを間に合うか!?みたいな表情と構えた格好で迎え入れるのっちさんと、ただ笑うかしゆかが可愛くて可愛くて、ほんとうに可愛い。

 

アンコールラストの「願い(⊿TOUR Ver.)」は、2009年のアレコレを少し思い出しながらも揺れる腕と、ストリングスの音が豪華になって強めにアレンジされた音と、音が終わってもし続けるお辞儀には感動して、少し涙してしまいました。

 

さっさと帰ってしまったのっちさんは控え室へ向かうまでの涙の時間には映っておらず、あまりののっちっぷりに動揺しましたが、これが!これこそが!Perfumeだ!と早く憶えた方が良さそうです。

 

そんな『直角二等辺三角形TOUR』、観終えたあとに何があったのかあんまり覚えてない程度には頭が空っぽになるライブでした。3人には程よい余裕が見えて、笑顔が多く、大人の表情を沢山見られました。顔も身体も大人すぎて置いてかれてるくらいです。あ~ちゃんが特に。

 

映像に関係ないところでお気に入りをあげると、チャプターセレクト画面のセットができるまで背景動画と、そのセットを組み立てる音をサンプリングした?サウンドがめちゃめちゃカッコよくてとても好きです。しかもNEXTに行くと映像も音も続いていて最後は完成します。超クールです。

 

Disc2もとても良くて、マルチアングルは見ごたえがありました。各メンバーのウラで、ステージ上のアイテム紹介や仕掛け解説もありウラ好きのわたしにはたまらない映像でした。爆音姐さんのお姿もようやっと拝見しました。「遠いよ」というひと言に凄く胸がギュッとなりましたし、今を思うと切ない気持ちにもなって複雑でした。それから今回は衣装が本当に魅力的でかなり目がいってしまっていたので衣装ウラも見られて実にお得でした。サプライズ!!でもかなりのもらい泣きをしましたし、太っ腹なDisc2に感謝感謝です。

 

凄く凄く、良いライブ映像でした。本当に良かった。本当に本当に本当に良かった。

 

次は1234567891011です。