きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

ナポリの窯黒川店「長妻樹里 握手&サイン会」イベントで握手をし忘れたわたしのレポート

f:id:ocha00:20160623213226j:image

2016年6月20日月曜日15時より行われました、名古屋は黒川にあります、ナポリの窯黒川店「長妻樹里 握手&サイン会」イベントに参加いたしました。

 

すっかりPerfumeワールドから戻れなくなってしまっているわたくし前日はPerfumeさんの幕張ライブの最終日に参戦していましたが、その足で翌日行われる名古屋の樹里さんイベントに参加する為に深夜バスで名古屋に向かいました。きっとこんな暴挙は最初で最後だったでしょう(白目)

 

約1年ぶりに樹里さんとお会いできるとあって、情報を仕入れてから本当に楽しみにしていました。1年前はどうももやもやした感じで会話を終わらせてしまっていたので少々心残りでした。おしゃべりすぎもいけません。

 

さて、初めにこの情報を手にしたとき、なんでピザ屋さんと樹里さんが平日にしかも名古屋でイベントなんやねんと突っ込み所が多く、前例レポ情報もほぼ無い、実に不安なまま現地まで向かいました。

 

のんびり店頭に着くと、既にオタクの皆さんがテント下で談笑しており、平日なのにほんまご苦労なこっちゃと思いながらわたしも受付へ。このイベントはあくまでナポリの窯さんのピザの味を知らしめるものということなので、ピザを頂くことがまず大前提にありました。

 

故に、イベントの前後に品物を頂くという段取り。しかし受付開始が11時でイベント開始が15時だったのでそれまでに頂くのが自然な流れだと思い近くの志賀公園で頂くことにしました。

 

f:id:ocha00:20160623213542j:image

木漏れ日の中、アリと一緒に

 

f:id:ocha00:20160623214730j:image

トマトとモッツァレラチーズのピザ

ニンニクきいてる美味しい

 

f:id:ocha00:20160623213334j:image

トマトとモッツァレラチーズのパスタ

麺硬め美味しい

 

f:id:ocha00:20160623213719j:image

思い出に残るチケット

 

それから時間になり列に並び順番を待ちながらお腹の膨れと消化活動による発汗及び日差しの強さと戦うことに。樹里さんの前にたどり着くまでにドロドロになってしまわないかだいぶ不安でした。

 

列の進みがかなりのんびりだったので、えらくゆっくり喋れるのだと悟ると一気に緊張してきました。何もないと話したいことがいっぱいあるのに、いざ近づくと何を話していいか、もう4年も追っかけてるのに未だにわからなくなる時があります。

 

最初の頃は会話を事細かに覚え、後で読み返してニヤニヤしたいついでにブログなんぞにそれを晒していましたが昨年から少し控えるようになり樹里さんとわたしだけの秘密だぜ!と思っていましたが、今回はわたしの樹里さん大好き人生史上最大の失敗をおかしてしまったのでそれを書き留めておきたいと思います。ちょっとモノローグ付き。

 

いよいよ自分の順番になり、店内に入ると

 

「あ~!おちゃさ~ん!」

「うああ樹里さぁぁあんお久しぶりですーー!」

 

と、もう当たり前かのようにわたしの名前を呼び声をかけて下さったことが相変わらず嬉しくて、久しぶりに樹里さんとお会いできた嬉しさもあり、樹里さんに近づきながら至近距離で手を振り続けるわたし。

 

その時わたしの目に映っていたのは、手をわたしに向けてフワフワわきわきさせる樹里さんの腕が見えており、ああ…!!樹里さん…!なんてお可愛らしい手の動き…!本当に可愛い人!!たまりませんわ!と思いながらそれを眺めていました。そうしていると、

 

「あぁっ、じゃ、書きますね」

「はい!お願いします」

「(“おち”まで書いた所でインクがカスカスに?)あ、ちょ、ペン変えますね」

「どうぞ!」

「今日は水仙さん(ヲタもだち)と一緒に来たんですか?」

(!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?)

「そうなんです、ひとりでピザを食べるのがアレだったので付き合ってもらって」

「えぇ~そうなんですね~、私もさっきピザ食べましたよ!」

(さっきTweetされたピザのことですねわかります!そういえば鷲崎さんの2hに出た時に得意料理を訊かれてさっきピザ食べました言うてた樹里さん思い出すな~樹里さんピザ好きなんだろうなぁ~)

「ですよね!樹里さんピザお好きですもんね~」

「ピザ好きですね~自分でも作りますよ」

(なん…だと…!?まだブログとかで自慢されてない!そういうのもあるか~!)

「うぇえ!?ピザも作るんですか!凄い!」

「そう~作ったりしますよ~へへ」

「そうか~パンの延長かあ、サインする邪魔しちゃいけないですね、どうぞどうぞ」

「いやいやいいんですよ」

「そ、そうですか?」

 

ここでほんの少しの間が。

 

樹里さんは椅子に座ってサインを書いて下さっていたのですが、仕事柄座ってる方に対してしゃがんで話すことが多いもので自然と身体が動いてしまい、うっかりしゃがんでしまったわたし。なにやってんだろ!と思うもまぁこのままで良いかぁと思い直しそのまま手元を見つめ続けました。

 

「最近お仕事はどうですか?」

「暇なんですよ~」

「ありゃあ!」

「でも暇だから今日来れました!」

「そっか!私、おちゃさんと初めに会ったのって北海道ですよねぇ」

「はい、CUBISMです~もう4年?3年?ですかね」

「あ~ね~めぐちぃと一緒でね~」

「ですね~もおおお今でも思い出しますもん」

「ほんとですかー?ふふ、あ、小樽も来てくれて」

「はい~行きましたよ~」

「あーおちゃさん来てるー!って」

「気付いてましたか!?」

(やっぱり!?見えているもん!?)

「もうなにいって気付きますよ~!私結構見てますよ!」

「ほんとですか~?(笑)」

「ほんとですよ!」

「いや~見てくれてるなぁって分かるんですけど、勘違いだよなぁって」

(あー!嬉しすぎてもう頭まっしろじゃ!)

「あはは!あとラジオにもいつもメールありがとうございます。ニコ生も見てくださいね~、…はい!」

「もちろんです!うわぁ~ありがとうございます~ずっと夢だったんですよ、樹里さんに名前書いてもらうの」

「そうだったんですか?」

「はい、もう欲しくて欲しくてたまらなかったんです、ありがとうございます、あ、まだ時間あります…か?」

「時間は…(運営の方を見て)あ、もう」

(ノー!サイン書き終わってからお話しできるシステムではなかったのか…!魔装学園もおくさまもスクーデリアちゃんのことも…何も伝えられない…失敗した…)

「ない、ですね、はい、じゃあがんばってください!ありがとうございました!」

「はい!ありがとうございました~!」

 

サインを抱え店内から出ると、ヲタもだちがベンチで待っていてくれたので近寄ると、何か自分が忘れてることに気づき、

 

わたし「あ…れ…?ね、ねえ、握手した?」

水仙氏「しましたよ始めに。え?してないんすか握手!?」

わたし「あああああああああああああああ」

水仙氏「ちょ、マジすか」

わたし「わああああああ!!!!握手会なのにわあああああああ!!!!!握手し忘れたぁぁぁぁあああああ何しに来たのわたし!!!!いやサインもらえたからそれだけでもう充分なんだけど!!!いや!!!ああああああああああああああ!!!!!!はっっっっ!!!!もしかして樹里さん入店してから手をわきわきさせてわたしに向けてくれてたの!!!!あれ握手モーションだったんだぁぁぁあああぁぁぁぁあああああぁぁぁぁっ!!!!わたしバカみたいに手振って握手キャンセルしちゃったあぁぁぁぁぁぁああああああぁっぁぁあああ!!!バカだぁぁぁあああぁああああ!!!!樹里さんごめんなさぁぁぁぁあい!!!うわあああああああああ!!!!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

…言うても…良いのです……もう樹里さんとは4回ほど握手させて頂いてますので…なんか小慣れてる感じがして逆に良くないですか……握手会で握手しないの…はは…はははは……ははははははははははははははは……

 

 

 

 

 

でもほんとに楽しいひと時でした。名古屋まで来てよかった。また次の樹里さんイベントに行く理由ができちゃいましたよ。まったく!

 

しかも翌日のじゅり生を見て気づきましたが、今回作ってきたものというのがピザで、前日にわたしへ話してくれたピザも作るんですよ発言がここにかかっていたとは露知らずでした。んも~樹里さんったらちゃっかり情報小出しにするんですから~

 

樹里さん大好き!!!