読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

STAR TRAIN新参、COSMIC EXPLORERツアー 幕張スタンディングエディション初日の感想を書く

f:id:ocha00:20160618143000j:image

わたくしSTAR TRAIN新参、6月16日に行われた『Perfume 6th Tour 2016 COSMIC EXPLORER 幕張メッセ 国際展示場 -スタンディングエディション-』にようやく参戦することが叶いました。人生初のPerfumeライブでした。

 

わたしはこの時が来るのを、『WE ARE Perfume』を観てから本当に本当に待ち望んでいました。Perfumeのライブを生で観るまで、絶対に死ねんという思いでこの日まで生きてきました。加えて、全ての初めてを生で感じたかったのであ~ちゃんとのっちさんのお言いつけを破りライブ映像は敢えて観ず、視聴してもTV番組で放送される内容まででずっと我慢して今回臨みました。

 

ということで、約8年、Perfumeは音楽のみを何気なく楽しんできたわたしがPerfumeのライブを観て感じたことを新参なりにつらつらと書いていきたいと思います。ですが、あ~ちゃんのネタバレ禁止のお言いつけは守りたいので本質の部分はDome Editionを完走されるまで(随分先!?)触れないようにがんばります。なんつって読んで下さってる方が居る前提でエントリーしてるのもかなり滑稽ですが。

 

ファンの方のあたたかさ

まずわたしはBブロックの1500番台だったので、柵から3列目くらいにポジショニングすることができました。が、巨漢の方が目の前に2人いらっしゃったのでこの時点で色々諦めました(笑) しかしこれほどまでのステージの近さはもしかしたら今後のわたしのP.T.A.人生ではもう二度と味わえないかもしれない、それほど近かったです。周りの方々もその近さに驚いている様子でした。

 

それから開演を待つ間、ツアーロゴがうごうごしてるモニターを見ながらボーっと過ごしているとWAPの円盤予告が流れ、映像の涙する海外ファンの方の姿を目にし泣きそうになってしまいまして、わたしがウルウルしていると周りの方々がお連れさんとの会話で「泣きそうになるんだよね」「わかるわぁ、いいよね」というやり取りをされていて、なんだかホッとしました。みんな感じることは似てるんだなぁなんて思い、ファンの人のあたたかさに少し触れたような時だったのでちょっぴり印象的でした。

 

カッコイイって分かってたのに 

少々の焦らし時間の後、開演し、暗転し、ステージがグイーッと展開していく様を見て人が「おおぉ…!」と感嘆の声をあげるライブをわたしは今まで観た事がありませんでした。わたしもそれを観て、いてもたっても居られず思わず叫んだのが、

 

うわあああああああああああ!!!!かっこいいぃぃぃぃいいいいいぃぃぃぃい!!!!!!!

 

でした。まんまでした。カッコイイなんて分かってたのに、分かってたのに初のPerfumeライブで初めて叫んだのがうわあカッコイイでした。カッコよすぎて笑ってしまいそうになるくらいでした。

 

そうしてまざまざと魅せつけられ続けるパフォーマンスを見ながら、こんな、いい大人どもを驚かせる女性3人組のアイドル・アーティストが実在してるなんて、信じられない、でも今目の前にいる、いややっぱ信じられない、夢だ、幻だ、CGだ、と脳が混乱気味でもありましたがきっと、Perfumeワールドには全部必要な要素で、それでありながらそれらを人間らしい可愛い笑顔で一蹴するように実在する3人の存在自体に心身ともに初っ端からシビれてしまいました。

 

して、音楽が盛り上がり始めると周りから腕が上がってるのが見えました。これが楽しみ方なんですね、と、理解するよりも前に既に自分の腕は上がっていました。自然と上がっていた自分の腕を見て、これもまた初めての経験で、気持ちや思考よりも先に身体が反応してしまっていたことがもう、わたしがこの夢の世界を楽しんでしまっていることの証明になっているようでした。その後は跳んだり踊ったり見惚れたり、忙しいものでした。

 

それからは続く怒涛のまさかのセットリストに狂喜乱舞。曲が来る度に

 

うえええええええ!!!?!??マジでぇぇぇぇええ!!!それやるのぉぉぉおお!!!!やったーーーー!!!!!

 

と、喜びの声を抑える事ができませんでした。(周りの方は特にそういったリアクションをされて居なかったのですがもしかして迷惑行為だったでしょうか…非常に不安です……)

 

新・古共に楽しめると仰っていましたけれど、あまりの予想外っぷりと、丁度過去を追っていた関係で⊿をよく聴いていたのでそれが聴こえてきたときビビビビビビィッ!と電撃が体中を巡りました。

 

その曲を聴いて、人生で初めてセットリストに意味や想いがあることに気が付きました。今、このツアーでこの曲を歌う意味。ただアがらせるだけじゃない、聴かせるだけじゃない、魅せるだけじゃない。これからPerfumeがどこに向かっていくのか、3人が何を目指しているのか、その意思を表明しているようでいて、その曲を演ることで自らを鼓舞しているようでいて、弱さを見せているようでいて。

 

この1曲に対して、わたしには思い出や思い入れは無かったのですが、あの時あの場に居合わせられて、3人が先に見ているものが何なのか少し、わたしも覗かせてもらったような気持ちになりました。なので、わたしが初めて持たせてもらったこの曲の思い出は、Perfumeの大きなNext Stageの夢です。

 

和やかで穏やかなMC

この日のMCレポはほにゃららbotさんが詳細だったので、そこ以外で印象的だった部分を。4曲の後MCが入りましたが、あの様にお1人でほんの少しMCをする場面があるんですね!のっちさんのひとり喋りに興味津々だったわたしとしてはとっても胸キュンな一瞬でした。

 

しばらくするとあ~ちゃんが首にタオルを巻いて再登場。一瞬コルセットかと思いひとりアセアセしていましたが、直ぐにコレは体温を下げるためとのトークがありひと安心。

 

あ「白いタオルだと病気だと思われるので急遽、ドンキホーテでこのピンクのタオルを買ってきてもらいました。」

 

あ〜ちゃん…あんまりその印象は変わらんかったやで…。

 

現地で調達しましたとかなんとかとかお話しされてたかちとおぼろげ。幕張のドンキですね、よく行ってました。というかメッセならイオンモールの方が近かったんじゃないかと思いましたが営業時間外だとしたら本当に急遽だったんですね。

 

それからアルバムがウィークリー1位になった事への喜びと感謝をお話しされて。

 

あ「売れたっていうとアレか、聴いてもらえた」

の「うん」

あ「手にとってもらえた」

の「うん」

あ「がええか、これは本当に凄いことなんですよ。数字だけじゃないですけど、数字になると私達の周りの人も嬉しい、私達の家族も嬉しい、そして皆も嬉しい!もう本当にありがとうございます!」

 

あ「今回はスタンディングなんでね、皆立っとるからMCはサクッといこう」

の「あっ、そうなんですね、はい」

あ「え~、アルバム1位になった感謝は伝えたぁ…、よし次」

 

など。他、チーム分けは、ま、く、は、り!ですとか、ゆかターンや、声がリバーブする話からあんた二重跳びできるん?からあ~ちゃんの痛快な爆笑と引き笑いが聴けて感動しました。MCが長い印象が強かったのでもっとゆったりするのかと思っていましたがかなりスマートな感じでした。

 

初めて見たレーザー光線

これまでわたしが参加したことがあるライブといったらSPEED、黄金期のモ娘。、各種ハロプロ系、宇多田ヒカルポルノグラフィティ、女性声優系くらいなのですが、レーザーの演出を見た記憶は矢口さんのしょぼいセクシービームしかないので無いも同然。なので、あんなにビャヤァアア!!と鋭くてカッコよくて幻想的なレーザーは初めて見ました。

 

3人が照明の良さやレーザーの良さを話しているのはどこかで聞いた事があったのですが、正直テレビ番組で見るくらいじゃその凄さは全くわからなくて、特にレーザーは本当にただの光程度にしか感じていなかったのですが、ばかばか!そんな過去の腐った自分の目をレーザーで焼き散らかしてしまいたいほど、レーザーの光があんなにカッコイイとは、本当に知りませんでした。

 

もうこれぞテクノ!!エレクトロ!!!音楽にマッチした光の演出はこれもやっぱりカッコよすぎて脳がシビれてしまいました。あ~ちゃん、かしゆか、のっちさんの可愛くて綺麗で清楚な3人のシルエットにめちゃめちゃカッコいいレーザーが、映えて映えて仕方ありませんでした。

 

あの鋭い光が澱みなく3人を飾るように演じられていて、思わずレーザーに惚れてしまいそうになりました。こんなにレーザーが似合う女性3人組は居ませんよ…!

 

映像、舞台演出

次に感動したのはアルバムの世界感を完全に再現して魅せた映像と舞台演出です。グラフィックのカッコよさも3人を引き立てる為にありますし、そのクオリティの高さも全てのバランスと調和していて、そのカッコよさを今思い出すだけでも涙がにじんできます。

 

のっちさん…あんなにカッコよくしてもらって……おめでとうございます…(泣)

 

その映像を見てちょっと思ったんですけど、お三方ってお芝居が凄く上手なのではないでしょうか?顔はあまりにも綺麗で整っていらっしゃいますから、今時の俳優よりよっぽど美しいです。ラジオでラジオドラマごっこをしていた時もやたら上手くて地味に感動して、あ~ちゃんのリアルな演技っぷりに悶えていたりもしたのですけど、表情だけのお芝居も画になり過ぎていて、これで1本長めの映画をお願いしたいくらい感動しました。

 

そこから舞台演出に移るのですがもうネタバレしてしまいそうなので、また

 

もおおおおお!!またカッコイイのおおおおお!!!!!??

 

と叫ぶほどカッコよかったことだけ…。

 

新曲の振り付け

どえりゃあああ可愛い

 

大好きなNext Stage with YOUではあまりの可愛さに自分の存在が砂になって消えるところでした。良い大人がみんなあ~ちゃんのお言いつけ通りにハンドルを持って一緒にドライブしました。この曲はモニターで見ている方が楽しいです。これも驚きました。リアルタイムで映像演出するなんて。

 

コンピュータードライビングを彷彿とさせるドライビングテクニックでしたが、曲があなたとともに、ですから、正に沢山のあなたPerfumeが一緒にドライブしているようでした。とても優しい気持ちになりました。

 

それからBaby Faceで自分のパートを歌い終わったあ~ちゃんが楽しそうで幸せそうな笑顔をした瞬間がモニターに映り、それを見たわたしは冗談でもなんでもなく、本当に天使だ、と心から確信しました。皆さんが天使だ天使だと言っていた本当の姿をやっと自分の目で確かめることができたようです。本当にドキっとしました。でも途中のウェーブはちと、ん?って感じでした。普通に歌声を聴かせてくれても良かったんじゃないでしょうか。寧ろ聴きたかった。

 

キックボード on Perfume

幕張だけだったんでしょうか?過去にあったのでしょうか?ハイヒールをお召しになられた天使達がステージの上でキックボードにお乗りになられていたのは。ここでも爆笑の末萌え死ぬところでした。

 

更にこの時のっちさんが足し算をする場面があり

 

の「ああ〜直ぐ足し算しちゃいましたわ〜(ニヤニヤしながら)」

あ「はは!あんた数学苦手じゃろが」

の「……」

 

初めてのP.T.A.のコーナー

どうやらここでライブ古参か新参かふるいにかけられたようです。わたしはアメトークで見た程度の知識しかなかったので、動揺しました。まさかこんなに自由で楽しいとは!!!!!!!!!そしてリズム感皆無のわたし!!!!難しさにも動揺!!!!!!さらりとこういうことをやってのける3人の凄さをなぜかここで実感し、ジィン…と来てました。

 

あ「今日は、撮影云々がないので…これでいきます、ミッ○ー」

の「あははっ、おあ」

あ「ミ○ー」

か「あ、これが○ニーなんだ」

あ「ミッ○ー、ミ○ー、ミッ○ー、ミッ○ー、ミ○ー、ミ○ー、ミッ○ー」

あかの「みんなできてるー?」

あ「ミッ○ー、ミッ○ー、ミッ○ー、ミ○ー、ミッ○ー、ミ○ー、ミ○ー、ミッ○ー、みnあっ」

かの「え」

あ「自分でミッキーとミニー混ざっちゃった(笑)」

かの客「あははははは!!!」

 

超楽しい!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

なぜもっと早く3人を見つめていなかったのか、心の底から悔しい思いをした時間でした。

 

大好きになった曲

ここまで本編のネタバレを抑えていると逆にしゃべりたくてしゃべりたくて仕方ないんですけれどこれはPerfumeおともだちを作るしかないんでしょうか。

 

それは置いといて…初ライブだったわたくし、早速ライブで好きから大好きに変わった曲ができました。アルバムを聴いたときに、オリジナルより好きでAlbum-mixの中で最も好きだと感じCE感想エントリーでも書いた曲があるのですが、その曲がきた時、あまりの高揚で頭がパンパカパーンッ!身体もこの日一番動いて跳ねて、耳も目も身体も心も魂も何もかもが躍っていて、あまりにも楽しすぎてその興奮を思い出すだけでまた泣きそうです。

 

わたしは本当にPerfumeのライブに参加したんだと全身で実感できましたし、好きからもっと好きになることまであるんだと、頭で考えるよりも先に身体で好きになっちゃうことがあるんだと、まったくもって不思議な感覚になりました。考えるな、感じろ、がこの現場では体感しちゃえる。恐ろしいライブです。

 

星空

幕張県民なもんで、幕張メッセには子供の頃から色んなイベントで遊びに行っていたのですが、そんなわたしの人生でこんなにも幕張メッセが綺麗で、美しくて、愛がいっぱいで、夢がいっぱいで、熱くて、楽しくて、感動して、時間が止まって欲しい、この光景を死ぬまで忘れたくないと思ったのは初めてでした。ダサい千葉のこのヘンピなハコを星空に変えられるチームPerfumeがカッコよくてカッコよくて仕方ありませんでした。

 

この美しさと、声の一体感はもう言葉では伝えられません。

 

次の夢

最後にあ~ちゃんの口から次の夢が語られました。

 

あ「ワンマンのスタンディングは本当に夢で、今日それが叶いました。みんな、私達の夢を叶えてくれてありがとぅね」

あ「映画でも言ったマジソンスクエアガーデン2Days、今まで怒られてばっかりだった大里会長から夢を託されるようになりました。うちら広島人じゃけえ、何度海外に行ってもやっぱり不安で…」

 

と、涙目ながらに弱気で不安な顔を見せてくれていました。これまでの会場でもこの事については声に出していたそうですし、この幕張でも明言していました。そうしてこれからも応援よろしくお願いしますと深々お辞儀をする3人に拍手や声援がおくられて幕は閉じられました。

 

わたしはその姿を見て、是非応援したい、自分も観に行きたいと、冷静に思いました。お涙ちょうだいでも、感動をさせるでもなく、人として弱さを見せながら次に進む姿に、3人も人間なんだとスーッと思うところがありました。

 

 

ライブが終わったあと、わたしの近くにいた男性2人組が「ベビメタの方が先なんじゃね?」と笑っていました。 そういう感じなんだと物凄く心がモヤモヤしました。この夢をこんな大勢の中で口にするのは結構勇気がいったと思います。セットリストもそれを語っているようでしたしもう国内のことではない、前例がないことをしようとしている。

 

国内で正しい道を進みながら徐々に夢を叶えてここまで大きくなれた3人の、新たに見つけた夢を、人はこうまでして笑うのかと悲しくなりました。当然比較はされるでしょうし、ライバルが居なければ伸びないこともあると思います。夢を笑われることで現れる気持ちもあると思います。でも、全く笑えることじゃありません。3人の夢を笑うな。

 

初めて参戦したわたしはこんなにも楽しい気持ちになりましたよ!幸せな気持ちになりましたよ!カッコよさの虜になりましたよ!本当に本当に楽しかった!また絶対次のライブも観に行きたい。

 

結果、女性声優ファンがPerfumeのライブに参戦したらPerfumeのファンになりました。

 

そういうこっちゃ!ありがとうございましたっっっ!!!!