きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

オタクは勝手

突然ですがわたくし、樹里さんが好き過ぎて一時期インターネットでアッチョンブリケされた事がありました。が、2年経って落ち着いて今ではPerfume沼にハマり、いよいよオタクとして薄い存在になりつつあります。樹里さんにも飽きられているでしょう……。

 

う、うう……やだあ!!もっと下さい!樹里さんもっと下さい!!!わたしにもっと下さいいいい!!!!!

 

と、想いの丈を叫んだところで二兎を追っている事実は変わらないのでこのような有様にってしまっている自分を受け容れる他ありません。

 

ところで、どうしてPerfume熱が加速してしまったのか。そんなの3人が天使だからに決まっているのだけれど、一応細かに自問自答してみると始まりは2008年の「GAME」からでした(2007年のポリリズムは人並みに知っていました)。ショップでアルバムを手にした時、小型プレイヤーでGAMEツアーライブの模様が流れていても特に気に留めることなく「GAME」のCDだけをレジに持って行きました。それからというもののPerfumeは音楽だけを楽しんでいました。「LEVEL3」まで。

 

加速する火がついたのは作業BGMにしていたことがきっかけでした。わたくし、お手紙をしたためる時のBGMは決まってPerfumeで、そういえば最新シングルのPerfumeさんはどんなサウンドに変わってるのかしらとようつべで調べたところ「DISPLAY」のMVと出会いました。以下


[MV] Perfume 「DISPLAY」(short ver.)

 

もう一つあります。

 


Perfume Live at SXSW | STORY (SXSW-MIX)

 

カッコよすぎて笑いが止まりまへん。

 

これらを暇さえあれば見ていた、というよりも、目が離せなかった。何度見ても飽きない。100回以上は見てしまっている。明らかな中毒状態です。これは一刻も早く適切な処置が必要。ということで、急ぎ新曲を揃えヘビロテの毎日。程なくして「STAR TRAIN」とリアルタイムに出会い、ドキュメンタリー映画の「WE ARE Perfume」を一般公開日の朝イチで観に行き、ファンクラブのP.T.A.に入会し今に至るという訳です。

 

一番の引き金になったのは「STAR TRAIN」で、ワイドショーでMVを観て、Perfumeのことを何も知らないのになぜか涙がダバダバ溢れてくるほど伝わってくる何かがあり。五感がPerfumeを求め、そのまま行動に移した事がわたしのPerfumeさんに対する気持ちの答えになるかと思います。

 

オタクってほんと勝手だよね~~!!!

 

広告を非表示にする