読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

【樹里さん】2014/6/1 @JAM 2014 アニソンDAY

 

 @JAM 2014 アニソンDAYへ樹里さんを観に参戦してきました

 

凄く楽しかったです!まずはOP…

樹里さんはコラボTの大きめピンクをオシャレにお召しでした。

ボトムはデニムのショートパンツ(だと思われる)。

カジュアルラフでこれまたお似合いでした!

挨拶はこういう場に1人で立つのが初めてなんですー!という叫びで!

 

「言えないアイスクリーム」イメージは正に90年代アイドルソング。

飾り過ぎない、素朴で、素敵な樹里さんにピッタリでした。

背中が少し大きめに開いた花柄のワンピース…セクシーであり可愛くもある。

花の髪飾り…綺麗で美しくて本当に素敵だった。

歌姫、歌姫にしか見えなかった、天使だった

 

樹里さん、とても緊張していらした。

歌うお声やMCのお声が少し震えてて、でも頑張ってやり切って、

それでいて堂々ともしてて。凄く凄く格好良かった。

デビューのお知らせを口にする時の表情はもうすっごい嬉しそうで楽しそうで、

見てるこっちも嬉しくて楽しくて堪らなかった

 

イベントの中盤、会場が凄くあったまった所で樹里さん登場!

曲はてっきり何かのカバーだろう!という感覚で最後まで聴いてしまいました。

まさかアーティストデビューする為のオリジナル曲だとは…!

あの場の樹里さんファンの誰が本気で予想したでしょうか。

このわたしですら、夢物語だと思ってました

 

肝心の曲は80年代90年代のアイドルソングのイメージ!

万人に親しみ易く、ノリ易く、何より樹里さんの雰囲気にピッタリ!

愛される感じの曲です。タイトルは『言えないアイスクリーム』…

今年の厳しい夏に爽やかな風を運んでくれそう。

初の長妻樹里名義…個人で歌う記念すべきデビュー曲なのです!

 

ステージに立って歌う樹里さん、昨年のもちライブ京都公演より約1年ぶり。

このライブの為に、この1曲の為に猛烈に仕上げて来たんだと思います。

最高でした。ほぼほぼ初樹里さんのお客さんが多い中、

それでも会場全体が樹里さんを応援している様な感じの雰囲気で、

現場ってあったかいなと思いました

 

緊張していらした樹里さんでしたが、MCはしっかりしてました、流石です!

飾り過ぎない素朴さが滲み出ていて、

わたしが言うのも変ですが凄く好感が持てました!

頑張ってるなぁ、応援したいなぁ!という気持ちにさせられるのです!

周りからも樹里ちゃん可愛いねっなんて言う声もチラホラ聴こえました!

 

良く訓練されたライバーの皆さま、及び

ライブ慣れしてる方々のお陰で樹里さんが望む合いの手を入れる事が出来ました!

懐かしいサウンドとリズムで、

ライブ慣れしていないわたしでも自然とそういうノリになりました!

なので、初めて聴いた曲でも一体感を生み出せたのだと思います。

凄い事ですよね!

 

樹里さんはその合いの手に対してMCで

「本当に!ここでこうして欲しかったのがきて!」皆さん何でわかったんですか!?

みたいに大変驚かれてました!

現場系のオタというのはそういう風に出来ているのですぜ…!樹里さん!( ・`ω・´)☆

 

他の方々は20分程の持ち時間だったのですが、樹里さんは10分間でした。

持ち歌1曲と、歌手デビューの報告、

トムス50周年の応援隊長就任の報告で終わろうとした所、

会場全体が\えぇ〜!/となり、終いにはアンコールが!

それに嬉しく戸惑いながらも聴き入れ、では次の機会で!と返してました!

 

樹里さんはEDでも再び登場。演者さん1人1人ご挨拶。

樹里さんは自分の出番以外は会場全体をとても柔らかい表情で、

端から端まで見渡していました。

記念すべき初舞台を目に焼き付けて居たのでしょうか。

他の方の挨拶が終われば小さく拍手もしていらして、

とても印象的な仕草でした。樹里さん優しい

 

最後のご挨拶では忘れられない(忘れない)1日になりました!

といった感じで、初の1人での大舞台で、思い出を噛み締めている様な感じでした。

 

わたしはこれからも全身全霊で、わたしだけの五感で、

樹里さんが表現する全てを、誰の言葉でもない、わたしだけのモノで感じていきたい。

どう楽しむかは自分次第。どこまで行っても自分次第。


f:id:ocha00:20140811143722j:plain
広告を非表示にする