読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きおくのきろくか

STAR TRAIN新参がPerfumeに悶えるブログ。時々、声優。

【樹里さん】2014/4/26~27 映画「たまこラブストーリー」舞台挨拶

 

たまこラブストーリーの舞台挨拶、行けるだけ行きました。

箇条書きしてたり文章になってたりめちゃくちゃです。

 

2014年4月26日は…さいたま、新宿1、新宿2(上映前)

2014年4月27日は…京都1、京都2(上映前)

 

のみです。

 

さいたま

 

わたしの座席は最前右側、通路付近。

キャストの皆さんが丁度その通路使って入場。

樹里さん、キャメルっぽい色のカーディガンに白いふわふわのワンピース、

上履きの様な赤いペタンコズック(!)、長い髪を内側に折り込んで?

かんなちゃん位の長さに。そしてキャンディの髪飾り

 

もうそれは正しくかんなちゃんを体現してました。凄い。

樹里さん本当凄い。自身が演じたキャラクターをとても愛していて、

その作品丸ごとすっごく大好きなんだなぁというのが伝わってくる。

コメントするにもいっちゃん沢山喋っておるし、ハッとする事を言ってくれたりするし

 

そして退場される際にここで樹里さんの名を呼ぶしか無いと思い、

物凄い勢いで手をブンブン振ったらこちらに気が付いて、

手を振り返して下さった!ニッコリフルスマイルもううう!

可愛いぃいいいぃぃいい!!樹里さん優しい!こんな豚に手を!手を!

 

・お気に入りのシーンは最後にみどちゃんと走る所。

かんなちゃんの走り方が独特で、

それに合わせて走る息を小刻みにやったら忍者みたいだからとやり直し

 

・もち蔵が「今日!」と言う所で田丸くんが今日!

じゃなくて癖で思わず「今でしょ!」と言った事を樹里さんが暴露

 

・キャストみんなピンバッヂ装着

 

・恋じゃなくても一歩踏み出すきっかけ、明日を頑張る、

明日を生きる為の活力になれたら嬉しい

 

・たまこまは…恋をして、結婚して、子供が産まれて家族ができる。

そうやってずっと続いて行きそうな世界。それを観て皆さんも何か影響があれば

 

・行列を作る程物販で買い物をしてくれてありがとうございます、

としっかり豚を褒める樹里さん。素晴らしい。

そんな事言われたら予定に無い買い物しちゃう

 

新宿1

 

今回は最前ど真ん中。樹里さんをこれでもかと言う位見つめてた。

可愛いし綺麗だしかんなちゃんそのものやもん!

髪型…サイドの垂らし方までかんなちゃんで!凄い!樹里さん凄いいいいい!!!

 

これまたずーっと見つめてニヤニヤしてしまい。

いやね、鎖骨が綺麗なんだ。あと首。喉も。綺麗なんだけど喉辺りは逞しいの。

やだかっこいい。もう生きるの辛い

 

樹里さんがつけてたかんなちゃんの髪飾り、

とても出来が良く見えたので新宿か何処かで見つけたのかと思ってたら、

たくみさんが樹里さんに話を振ってくれて!

なんと!樹里さんがご自分で作られたんですって!

紙粘土で!色塗って!髪飾りに!それ聴いた時思わず感動してしまったよ!

 

作品が好き、キャラが好きという事を手間を掛けて表したりするの。

それって最早、声優を越えて…

アーティストとかパフォーマーの域じゃないかと思いました。

凄い事ですよまったく。また惚れました。

 

・ピカデリーは普段から使っているから

舞台から観る様子にこんな感じなんだ〜と感嘆の声

 

・演じる際、かんなちゃんは面白くしようとしたらダメだと、

自然に真面目にを心がけた

 

・体育館にササササッと言いながら入ってくるシーンも飽くまで真面目に真面目に

 

・かんなが走る事はこれまで無くて、最後、

木に登れたシーンは感動してかんなを褒めたくなった

 

新宿1に関してはマスコミが入ってました。

挨拶後、マスコミのみにフォトセッションタイムが設けられ、

我々はその様子を珍しそうにニヤニヤしながら見つめる事に。

樹里さん「パオ」やってた

 

新宿2

 

最終の挨拶は上映前で新鮮でした。

今度は最前やや左の樹里さんサイド

樹里さんが良く見える

 

・かんなちゃんのキャンディの髪飾りは手作り。昨日紙粘土で作った

 

・ピカデリーはプライベートでめっちゃ来てる。

5面体スタンディも見に行った。

 

・「皆さんもかんなちゃんの髪飾り作ってみて下さい、簡単ですよ」(オススメ)

「ピカデリーでかんなの髪飾りつけてたら私声かけちゃいますよ」(ヤバい)

 

・かんなに戻るのに苦労はしなかった。

アニメシリーズが終わって約一年間、自分の中のどこかにかんなは居た。

だから現場では直ぐにかんなが降りて来て、背中を押してくれた

 

・アニメの最初の頃、キャラ声設定時かんなちゃんの声はたまこに近かった。

今じゃ考えられない

 

京都1

 

・かんなは表情がコロコロ変わる子じゃないけれど、

仲間を思う気持ち、胸の中には燃える程の熱さがある子。

そういう所をまた観てもらえると嬉しい

 

・あやっぺ、ねこちゃん、田丸くんは映画版のコスプレちっくな服装。

樹里さんは映画では私服が登場しなかったので、テレビ版の私服で…

ブルーの長めのカーディガンに、

白いワンピース(柄をよく見ないで購入し後で山田監督との会話で発覚したが

モチーフの一つに鳥を殺めてる絵が入ってた笑)

そして今日もかんなちゃんヘアー。非常に可愛い。

堪らず\可愛い!/と叫んだらありがとうございますと返して下さいました!

 

京都スペシャルという事で、あみだくじを用意したたくみさん。

きっとなんばと大阪でもやったのかな…!?

当たった人は、どのメディアにも出してない事をカミングアウトする事ー!

って選ばせてましたが、結果たくみさん以外全員当たり。

これが京都スペシャルだった模様…!

 

樹里さんはカムアウト出来る事が何も無いので歌で勘弁して下さい!

と、なんと!「こいのうた」をアカペラで!

しかもかんなちゃんボイスで!歌って下さいました!凄い!

かんなちゃんボイスで歌うのって凄く難しそうなのにお見事!

歌詞は少しもじって京都に帰ってきたよ〜みたいな感じに

 

会場に手拍子を頼んで、みんなそれにノリノリで、

歌詞が途中抜けちゃったりしたのだけど

そこはあたたかく見守りつつみんな笑ったりして、

基本ぽわぽわと心地の良い空気が流れてました。京都は柔らかいですね。

わたしが感じた中では新宿が1番冷たくて固かった、観客の空気が

 

京都2

 

最後の舞台挨拶という事でしたが上映前挨拶の為、

もうほぼ関東で仰ってた事と同じでも…最後の最後は…

 

「皆さん覚悟して観て下さいね! キュン死しますよ!」

 

と、新たなワードを使って〆てました。キュン死!

本当そう!本当そう!キュン!で死ぬ!

 

どの回か失念…

 

収録前エピソードで、樹里さんのお家にあやっぺとねこちゃんを招いて、

ここはこうじゃないか、とかこのキャラはこう思ってるとか、

テレビシリーズを振り返ったりしながら台本を読み込んで勉強をしたそうで…

途中Wii大会になってたけど笑って、そういう風に仲が良いから出来る演技もあると

 

これは全体で気づいたこと…

 

もひとつ印象的だったのが、キャストの方々みーんなお辞儀が綺麗でして。

たまこまキャストは割と社会経験してから声優になった方が多いから

当然かもしれませんが姿勢も綺麗で堂々と胸張ってて、

ビシッと頭を下げてて格好良かった。

樹里さんって立ってる姿勢も美しいから余計綺麗に見えたんだ

 

--------

 

さいたまの時に頑張って手を振ってよかった…

後は機会が無かったですし、さすがに毎回じゃしつこかったなぁと、

自重を覚えました。アピールはほどほどに。

戒め、戒め…

樹里さん、気づいていらっしゃらないとは思いますが、

キモくて申し訳ありませんでした…

 

f:id:ocha00:20140429035719j:plain